手上げ&手打ちになっていないかチェックしよう。

手上げ&手打ちになっていないかチェックしよう。

前回のコラムで注意していただきたい点として、腕や手首だけでグリップの位置をそれぞれの位置に持ってくるのではなく、胸を右に回した量によってそれぞれの位置に持っていってもらうことが重要であり、まったく胸が動いていないようでしたら、手上げ&手打ちになっていますのでチェックしてみてくださいとお伝えしました。
そこで今回は手上げ&手打ちについて解説してみたいと思います。

手上げ&手打ちとは、身体の回転と腕が同調していないスイングのことを指します。
まず手上げとは、アドレスからトップにクラブを振り上げる際、胸の向きがアドレスの位置からほぼ変わらず、腕だけでクラブを操作していることを指しますが、これはゴルフを始めたばかりの初心者によくある症状です。

次に手打ちとはトップからインパクトにかけてボールに上手くコンタクトしたい(当てたい)意識が強く、結果、腕だけでボールを打とうとしまうことにより、ダウンスイングで身体の回転と腕が同調せず、腕だけが振られてしまっていることを指しますが、多少力のある男性なら手打ちでもボールをそれなりに飛ばせてしまっている症状です。

腕の力だけに頼った手上げ&手打ちだけでクラブを振ると、上半身と腕が分離されていることになり、バランスが非常に悪くなります。腕と上半身がバラバラに動くことによって、下半身もバランスを失い、打った後によろついてしまうスイングとなってしまいます。

このような方は、ショートゲームでのミスが多くなりやすく、パッティングではボールの転がりが悪く、アプローチでは打点が狂いやすくなりますので、最近、ショートゲームでのミスが顕著に表れてきている方は手上げ&手打ちになっていないかチェックしてしてみましょう。

チェック方法は、出来るだけ遅く、ゆっくりとスローモーションでボールを打ってみてください。
ポイントは腕でスイングのスピードを落とすのではなく、テークバックからフィニッシュまで一定のスピードで動いているかどうかです。
実際にやってみるとわかりますが、手上げ&手打ちの人はゆっくりスイングできませんし、ましてや一定のスピードでクラブを振ることもできません。なぜなら腕の力だけでボールを弾いているために、インパクト付近でクラブのスピードをコントロールすることができないのです。

まずは、パッティングで1~2mを転がすところから始めましょう。
その際、上半身(胸)を前傾姿勢にあわせて右・左に回転させながら動かすことを意識してストロークしてください。ボールの転がりが良くなり、フェース面の安定も図れていることに気づくはずです。次にショートアイアンでハーフショットの大きさでクラブを振ってみましょう。上半身(胸)と腕を同調して動かせるようになればゆっくりと等速にスイングできるようになりますし、打点も安定し、フェースにボールを乗せてターゲットに運ぶようなイメージが出てくるはずです。

黒田正夫

Page Topへ