2つの振り幅もマスターしよう。

2つの振り幅もマスターしよう。

練習場では調子がよくてもコースに出ると傾斜地ではバランスを崩してしまったり、グリーン周りからの距離感がバラバラだったりする人は、まずは振り幅をコントロールすることから試してみましょう。
代表的なスイングの振り幅には、フル・スリークォーター・ハーフスイングとありますが、
特にコースで多用するのが、スリークォーター・ハーフスイングとなります。

フルスイングは多くの場合、ティーショットなど平らに近い場所からスイングでの距離のコントロールをしない場合に用いますが、コースで用いることを考えた場合、用いる場面があまり多くはないことが伺えます。

次にスリークォータースイングですが、振り幅を抑えて振るので、傾斜地などでもバランスを崩さずに打てるとともに、ダフリ禁物のフェアウェイバンカーや風が強い場合などでも重宝します。

最後にハーフスイングですが、グリーン周りのアプローチの場面で距離感を作るうえでの目安になる振り幅とも言えますし、インパクトゾーン(フェース面・軌道・入射角)の整理にも役立つものとなります。

それでは、それぞれの振り幅の目安を考えていきましょう。
この場合、自分のグリップの位置を目安に考えていただくとチェックしやすいのではないかと考えます。トップの位置は人それぞれになりますが、おおよそ肩から耳の間にグリップがある場合がフルスイング。胸から肩の間にあるのがスリークォータースイング。腰から胸の間にあるのがハーフスイング。こんな感じで考えてもらうといいのではないでしょうか。

ただし、注意していただきたいことは腕や手首だけでグリップの位置をそれぞれの位置に持ってくるのではなく、胸を右に回した量によってそれぞれの位置に持っていってもらうことが重要です。最初は意味や感覚が解りづらい場合にはグリップの位置がそれぞれの位置にある場合、胸がどれだけ右を向いているのか?と考えていただいてもいいと思います。
その際、まったく胸が動いていないようでしたら、手上げ&手打ちになっていますのでチェックしてみてください。

黒田正夫

Page Topへ