アプローチはスイングを立て直す、唯一のチャンス

アプローチはスイングを立て直す、唯一のチャンス

ドライバーでフェアウェイど真ん中に飛ばして、アイアンでピンに向かって一直線!ピン傍にグリーンオン。こんなプレーがいつも出来れば・・・と空想に耽ることがあっても、そんなことは夢物語だよと現実に向き合うことが多いのではないでしょうか。確かにプロのパーオン率がトップの選手で70%強ということを考えてみても、一般ゴルファーがなかなか空想のようにはいかないのが現実であることは間違いない事実です。

パーオンできないことが多いということは、物理的に不可能でない限り、ティーショットなりセカンドショット、ロングホールであればサードショットも含まれてきますが、全部かまたはどこかで大きなミスショットを起こしていることになりますが、その大きなミスショットを検証してもらうと、距離を大幅にロスしてしまう場合と曲げ幅が大きくなってしまう場合、その両方といった場合もあることが解ってきます。

距離を大幅にロスしてしまう場合は、振る高さやボール位置のズレが考えられますし、曲げ幅が大きくなってしまう場合は、フェース向きやスイング軌道のズレが考えられます。ただし、アドレスの向きが正しくない場合も含まれますのでしっかりチェックしましょう。

例えばOBを打った後、打ち直したら同じミスショットを犯してしまった経験は誰しもがあるものです。ショットは連鎖性のあるものです。ミスショットが続いている場合は、アプローチだからといって、フェースを開いたり、カット軌道で打ったりといった特別なことをせず、曲げ幅の修正であればアドレスの向きとフェース向きやスイング軌道をチェックし、距離幅の修正であればボールの位置と高さを意識しながら、最下点でボールを捉えられるようにしましょう。

つまり、パーオン出来なかった場合ほど、グリーン周りからのアプローチショットがその前のミスショットを検証しながら、スイングを立て直せる唯一のチャンスとなることは明白です。ショットの連鎖性を考え、出来るだけ次のホールへ持ち越すことのないようにしていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ