このマネジメントにはワナが潜む。

このマネジメントにはワナが潜む。

コースマネジメントの鉄則のひとつとして“グリーンは手前から攻める”というセオリーがありますが、このことを守りすぎている人ほど、逆にゴルフを難しくしている場合も多々見受けられます。例えば、ロングショットが残っている場合は無理せず、グリーン周りまで行っていればOK、または100y以内のショットを残そうという場合はセオリーどおりいいでしょう。また、グリーンが極端な受けグリーンである場合も然りです。

ただ、100yからMAXで打っても100yしかいかないクラブの選択をしているにも関わらず、奥に着けることを嫌がって緩んでしまったり、アプローチやパッティングでもショートぎみになってしまっては、“スコアを良くしていこう”としている考えに逆行する行動になってしまいますので、こういう傾向にある人は手前から攻めるということを守りすぎていると思ってください。

例えば、傾斜やライ、風の向きなどを情報が取り入れられていない場合などもショートしやすい状況になるのですが、常にピン(カップ)より手前からしか攻め手がないので、手前に池やバンカーなどのハザードがある場合に極端に上げるショットを選択しがちになる傾向になったりします。また、グリーン上でもショートばかりになってくるので、いざ下りが残ってしまうと極端に“怖がって”しまう傾向にもなります。

グリーンに乗らないでアプローチを残すまたは乗ってもロングパットを残してしまっているのに大きなミスとの認識が薄かったり無視したりしていると、無理な攻め方になっていったり、本来必要な視野の広さやスピード感、距離感など経験が身につけられていかないことになっていきます。

自分のプレーの傾向を今一度点検していただいて、グリーンに近づくにしたがってショート傾向にあるようでしたら、ピンまで届かせるまたはオーバーさせる攻め方をしてみましょう。その時に不安や“悪魔のささやき”が聞こえるようでしたら、かなりの重症になりますので、攻め方にメリハリをつけるプレーを今後の課題としてください。

黒田正夫

Page Topへ