スイングテンポ(リズム)を大事にしよう。

スイングテンポ(リズム)を大事にしよう。

ミスをした時に同伴競技者から「早く振りすぎたね」「もっとゆっくり振らなきゃ」「急ぎすぎたね」など、これはスイングテンポ(リズム)にズレが生じた時のアドバイスなのですが、現象としてはバックスイングのスピードを早く上げすぎてしまって、切り返しのタイミングが合わず減速してしまう場合やゆっくり上げすぎて切り返しから急いでしまう場合が当てはまります。

スイングテンポ(リズム)とは、スピードをイメージしやすい人はテンポ、強弱をイメージしやすい人はリズムを大事にすることになるので、インパクトをあまり意識しないスインガーはテンポ(スピード)、インパクトを意識するパンチャーはリズム(強弱または力感)といったところでしょうか。

よく試合会場でプロゴルファーがイヤホンをしながらショット練習している風景を見ますが、これは自分のテンポ(リズム)にあうようにメトロノーム等で設定して一定のビートでスイング出来るように訓練しているのです。

ゴルフ合宿に来られた方でも、バックスイングはゆっくりするものだと思い込んでいたことで、切り返しのタイミング合わず、突っ込んで振り遅れてしまう人がいらっしゃいましたが、バックスイングのスピードをテンポ(リズム)よく上げることで突込みも振り遅れもなくなり、加えてヘッドスピードがアップしたことにより大幅な飛距離アップがなされた実例もあります。

バックスイングのスピードやトップでの間などは、そのプレーヤーのスイングテンポ(リズム)によって変化するものであって、スイング全体のテンポ(リズム)が速い人ほどバックスイングのスピードが速く、トップの間が短くなり、ゆっくりな人はバックスイングはゆったり上げる人ほど間が長くなる傾向になります。

つまり、ドライバーショットの場合のバックスイングのスピードはテンポ(リズム)を崩さない範囲で自己最速(最適)を目指した方が飛距離アップに繋がり、セカンドショット以降は距離感アップに繋がるのです。

ぜひ今後のラウンドでは、ラウンドでは自分の好きな歌を口遊んだり、鼻歌交じりで奏でてみましょう。きっと、余計な力みやバランスの崩れから解放され、リラックスした気分でゴルフが出来ること間違いなし。

黒田正夫

Page Topへ