サイドウインドは風の力を借りよう。

サイドウインドは風の力を借りよう。

プレー環境で悩まされるもののひとつとしてはコース上に吹く風が挙げられます。風というとフォロー&アゲンストに注目しがちですが、今回のテーマはサイドウインドに注目してみましょう。
横からの風は、左右の曲がりに影響するだけでなく、前後の距離にも影響を及ぼすため、まずはしっかり情報収集することが大切になります。

左右の風が前後の距離にも影響を及ぼす?ってどういうことなのか。
たとえば、ご自身がスライス系の弾道の持ち主だった仮定した場合、左から右のサイドウインド(スライス風)の場合は、右への曲がりに対して右へ吹く風となるため、結果として曲りに対してはフォローとなります。そのため、思った以上に曲がった印象になってしまいます。フォローも併せた場合は、距離も出てしまいますので打ち出しを間違えると林の中やOBまで持っていかれることにも。

右から左のサイドウインド(フック風)の場合は、右への曲がりに対して左から吹く風となるため、結果として曲りに対してはアゲンストになります。曲りは相殺されますが、アゲンストに併せた場合は、ボールの落下に合わせて上から叩きつけるようになるので大幅に距離をロスすることになります。

このように、サイドウインドはとても厄介な風なのですが、球筋をコントロールするためには、基本的にはサイドウインドの風上に立ち、ボールの曲り方向に合わせてフォローになるように弾道をイメージできればサイドウインドも怖くなくなるでしょう。

あとはご自身の球筋に合わせて打ち出し方向を決めてください。球筋がスライス系であれば、左から右のサイドウインド(スライス風)の場合は、大胆に左から攻め、右から左のサイドウインド(フック風)の場合は、右に流されづらくなるのでフェアウェイ中央狙いで攻めていくといいでしょう。

このようにフォロー&アゲンストと同様、サイドからの風ともケンカをしないことが大切になります。

その他、ブログ・フェイスブックでも情報発信しています。

ブログ     :http://ameblo.jp/amenitygolflife/
フェイスブック :https://www.facebook.com/amenitygolf
        :https://www.facebook.com/masao.kuroda.3

黒田正夫

Page Topへ