雨の日のプレーを苦手にしないために

雨の日のプレーを苦手にしないために

久しぶりのプレーなのに天気予報を見ると雨模様。少し憂鬱な気分でゴルフ場に向かう人は多いはず。こうなると楽しいプレーや良いスコアも期待できない感じになりやすいものです。少しでも楽しく、良いスコアでプレーするためにはしっかりとした準備と攻め方が必要になります。
まずは準備ですが、レインウェアは当然用意しなくてはならないのですが、その下に着るものにも十分に気を配っておきたいものです。最近のレインウエアは通気性にも優れてきていますが、湿度と汗でウエア内がグシャグシャでは気持ちよくはありませんから、吸汗速乾性のウエアを中に着ることをお薦めします。

手袋は、全天候型のものを出来るだけ多く用意しておきましょう。替えがなくなってしまった場合は、素手でグリップするのが一番ですから、普段の練習でも想定して練習しておきましょう。

クラブのグリップにもこだわることができるようになると更にいいでしょう。グリップ部分を出来るだけ濡らさないようにすることはとても重要です。水分を拭き取るのは当たり前ですが、濡れても滑りずらいグリップを装着しておくことも視野に入れましょう。また太さや重さにも気を配れれば、悪天候でもいつものスイングができるでしょう。

雨の日のプレーは、レインウエアを着ていることでいつもより飛距離が落ちてしまいやすいのですが、さらに空中での抵抗が多くキャリーが思うように出なかったり、地面が柔らかくなってランが思うように出なかったりと飛距離ロスになる要素がたくさんあります。いつもより飛ばないからといって力を入れてスイングするのではなく、いつものようには飛ばないと覚悟してミート率に重きを置いたプレーを考えましょう。

クラブのセッティングですが、高い弾道でキャリー中心の攻めが必要となりますので、ボールが上がりやすいセッティングを考えましょう。カチャカチャ系のドライバーをお持ちであれば、ロフトを増やしておきましょう。ロフトを増やすことで捕まりも良くなりますので、雨での球の滑りにも対応できます。FW・UTもロフトが多めのものを多くして、5・6番アイアンを抜くことも視野に入れてセッティングしましょう。

アプローチでは、ボールが止まりやすいので強気にピンを狙うようにした方がいいでしょう。SWで上げる場合は直接カップを狙うぐらいの気持ちで。転がす場合は、PWのところを9番というふうに一番手上げるようにしましょう。PWで強めにいくと余計なスピンが掛って逆にショートしやすいので注意しましょう。

その他、ブログ・フェイスブックでも情報発信しています。

ブログ     :http://ameblo.jp/amenitygolflife/
フェイスブック :https://www.facebook.com/amenitygolf
        :https://www.facebook.com/masao.kuroda.3

黒田正夫

Page Topへ