傾斜地での立ち方で弾道を変える。

傾斜地での立ち方で弾道を変える。

練習場でもコースでも平らに近いところであれば思ったものに近いショットをすることができるが、傾斜地になると思ったようなショットができないという人も多いのではないだろうか。もともと条件が違う場所でショットするわけなのだから思いとおりということ自体が難しいことなのだが、ショットする前提としてその傾斜地でバランスよく立てているか、打ちたい弾道と合っているのかが大事になってくる。
今回は、”傾斜地での立ち方で弾道を変える。”という話をしていこう。

傾斜地でバランスよく立つというと「傾斜なりに立つ」というセオリーが浮かんでくる人も多いと思われるが、このセオリーを守ろうとして逆に思い込みや勘違いを起こしている場合もあるので注意してもらいたい。まずは思い込みや勘違いがないかどうかの確認をしてみるといいだろう。

傾斜地にいるということは、前後左右いずれかにおいて高いところと低いところが存在する。その低い位置に体重配分をし、重心を安定させることが傾斜なりに立つことになるのだが、ここで注意してもらいたいのは、傾斜地だからといって必ずしも傾斜なりに立たなくてはならないと考えておいてほしい。

試しに傾斜地で高い方に体重配分してもらいたい。そうすることで重心が安定する、バランスが整うという傾斜も出てくる。つまり、プレーヤーそれぞれにおいて骨格がありそれに伴う重心位置がある。普段から右足側や左足側、つま先側やかかと側に体重配分の偏りがあるのであれば、安定する状態を優先してもらいたい。アドレスで安定できないのであれば、いいスイングは望めないことになるからである。

アドレスを安定させることができたら次のステップとなる。次のステップとは、打ちたい弾道に合わせることになるのだが、その前にその安定したアドレスからはそれぞれの傾斜、もしくは複合した傾斜からどのような弾道が導き出されるのかをチェックしておいてもらいたい。

プレーヤーごとに重心や体重配分の偏りがあるため、傾斜地においても打ちたい弾道と必ずしも一致しない立ち方になる場合がある。例えば左足寄りに重心や体重配分が多いプレーヤーの場合、左足下がりは立ちやすく、ボール位置も右に寄せることも少なくなるため、弾道の高さは若干抑えられることになるだろうが、捕まりについてはそれほど悪くならず直進性の高い強弾道になりやすいのでクラブ選択で飛ばないようにしておく必要が出てくる。逆に左足上がりは傾斜に逆らって立ちやすくなるため、入射角がきつくなり、打点が上下にぶれやすくなるので弾道の高さやスピンコントロールに気をつけなくてはならなくなる。

通常、つま先上がりは左へ曲がりやすく、つま先下がりでは右に曲がりやすいといったセオリーになるのだが、つま先寄りに重心や体重配分が多いプレーヤーの場合、つま先上がりとつま先下がりではセオリーで考えられている曲がり幅よりも少なかったり、逆球になりやすい傾向があるので注意しておきたい。

安定したアドレスができ、傾斜地からの弾道の特徴が解ったら自身が打ちたい弾道に変換させていく作業をしていこう。変換させていくにあたって注意してもらいたいこととして、得意な傾斜地においては控えめに、苦手な傾斜は大げさに変換していってほしい。

苦手な傾斜は、アドレスでの重心や体重配分を大げさに変えるところからやってみるといい。それから向きやボール位置、フェース向きを必要と思われる分だけ変えてみよう。スイング軌道や入射角をいつもより横や縦、鋭角や鈍角にしてみるのも面白い。何かを変えることで新たな発見があり、しっくりすることも見いだせることになる。

傾斜地の多いコースで上手くいかないようであれば、傾斜地においてのアドレスの定義は、打ちたい弾道に沿ってスイングしやすいように立つことが大事であるということを再認識してほしい。

黒田正夫

Page Topへ