アプローチショットの距離感を良くするために。

アプローチショットの距離感を良くするために。

ショット能力が高くても低くてもグリーン付近や周辺からのアプローチショットは必ず訪れる。アプローチショットは方向性が大事なのは当然ではあるが、距離感のズレで大きくミスをしてしまうことはできるだけ避けなくてならない。そのアプローチショットの距離感を良くすることができればスコアを大きく崩すことなくストレスの少ないラウンドになることだろう。それではどのようにすればよいのだろうか。
今回は、”アプローチショットの距離感を良くするためには。”という話をしていこう。

アプローチショットの距離感を良くするためには、当然ながら打ち方や使うクラブは大事だが、一番大事なのはボールのライの見極めと状況判断が的確かどうかにかかってくる。ボールのライによる弾道の違いやグリーンまでの距離、グリーンエッジからピンまでの距離、グリーンの形状や硬さや速さ。ハザードがある場合、それを越えるまでの距離などの状況を置かれているボールのライと照らし合わせて、その状況に合った弾道を導きだすことが重要になる。

例えば、ボールのライの見極めだが、左足下がりの場合、下りの傾斜にセットされたクラブのロフトはその傾斜分ロフト角が少なくなってしまう。そのため、打ち出される弾道は低くなり、キャリーが減って転がりが多くなってしまう傾向になる。反対に左足上がりの場合、上りの傾斜にセットされたクラブのロフトは増え、打ち出される弾道は高くなり、距離が出なくなるとともに止まりやすくなる。

また、ラフの場合は、ボールとクラブフェースの間に葉や茎がインパクト時に挟まってしまう。そのため、バックスピン量は減ってしまい、棒球になって転がってしまう傾向になる。このように、なぜ低くなったり高くなったりするのかや転がったり止まったりしてしまうのかなどをプレーヤーは予備知識として持っていなくてはならない。

ボールのライの見極めが出来るようになれば、ある程度の弾道予測がついてくる。そうすれば状況との擦り合わせを行い判断することに繋がってくる。例えば、先程の左足下がりからグリーンを狙うアプローチであれば、ピンの位置はフロントエッジから近いのか遠いのか、ハザード越えになるのかならないのかといったことによってクラブ選択が変わってくることもあるだろう。当然、ボールのライがフェアウェイなのかラフなのかによっても変わってくる。

そうすれば脳内において、このようなボールのライでは、こんな弾道が出やすいから、この状況からは、このクラブを選択し、こういう感じで振るといった打つ前のプランが立ってくる。実はこの打つ前のプラン立てが大事で、プランが立っていないとやるべきことが曖昧になってしまうため、ミスをしやすくなってしまうとともに、何が原因でミスをしてしまったのかが解りづらくなってしまうのでプロセスをしっかり踏むようにしておいてほしい。

プラン立ては一見、アプローチの距離感とは関係ない話のようだが、レーザー距離計やGPSナビでピンまでの距離が測れても実際にキャリーで打たなくてはならない距離は状況によっても変わってくるので、それぞれの状況においてキャリーにランを含めた総合的な距離感が必要になってくるため、この部分がイメージできていないと数ヤードの誤差が出てくることになる。これが距離感がいい、悪いといったところにもなるので、打つ技術だけでなく、クラブを選択する技術、プランを立てる技術も併せて高めていってほしい。

もうひとつ気をつけてもらいたい点として挙げておきたい事として、”目線”をどこに置くといいかということになる。ボールの落下点、いわゆる落としどころに目線を置くといいのか、弾道の高さに目線を置いておくといいのか、もしくはボールが止まる到達点に目線を置いておくのがいいのかといったこともアプローチショットの距離感を良くするためには必要な事項になる。

このように、アプローチショットの距離感を良くするために打つ技術だけでなく、総合的な判断が問われることになる。これらの事は練習場だけではレベルアップすることが難しい。ラウンドする際は、様々な状況でプレーすることができるため、その時々にしか経験できない事をしっかり意識して取り組むようにしていってほしい。

黒田正夫

Page Topへ