パッティングの距離感を良くするためには。

パッティングの距離感を良くするためには。

スコアの60%は125y以内で作られているともいわれている。この125yの中にはパッティングも含まれることになるのだが、パッティングが良ければアプローチやショットに関してのメンタル部分はかなり楽になってくるはずだ。方向性が大事なのは当然ではあるが、距離感のズレで大きくミスをしてしまうことはできるだけ避けなくてならない。それではどのようにすればよいのだろうか。

今回は、”パッティングの距離感を良くするためには。”という話をしていきたい。

パッティングの距離感のミスは左右の方向性のミスよりも大きなミスを起こしていると考えてもらいたい。距離感のミスは打点のミスが大半になると思われるが、その打点のミスを犯しているのが技術面にあるのか、それとも道具にあるのかから考えていきたい。

技術面にあるように考えるのであれば、まずはストロークの手法が合っているのかをチェックしてきたい。チェックするポイントは3つ。クラブヘッドの振り幅とスピード、そして圧となる。この組み合わせによって距離感が出せるようになってくるのだが、その順番がズレていると思ったような距離感を出せなくなってくる。

例えば、振り幅が主体の場合、スピードは等速、圧は振り幅の大きさによるものになり、スピードが主体の場合は、振り幅はほぼ一定、圧はスピードによって変わり、圧が主体の場合は、スピードもしくは振り幅を変えることにより、ボールスピードが変わることになる。

この3つの組み合わせを適正化していくことが距離感を掴むことに繋がるのだが、この組み合わせがプレーヤーごとに違うため、どのように組み合わされているのかを知るところから始めなくてはならない。それらを知るためには、3つのいずれかひとつを主体にして、それらをストロークで体現してもらいたい。やってもらえれば解ると思うが、やりやすいものとやりにくいものがあるはずだ。自分でやっていることと結果としてなってしまうことも解ってくる。それが解ったらアプローチやショットにも応用してもらいたい。今までよりも距離感が良くなっていることが実感できるはずだ。

やりやすいストロークが見つかったにもかかわらず、今ひとつ距離感にズレがあると感じたならば、道具のチェックを行うといいだろう。パターの長さや重さ、インサートの種類、ヘッドやネックの形状、グリップの太さや形状などがチェック事項になるが、こちらは好みになってくるので、いろいろ試してもらうとどんなパターが合いやすいのかが解ってくるはずだ。

せっかく道具の方にも注目したわけだからボールの硬さにも注目するといいだろう。インパクト時にパターのフェースと接触するのはボールであるわけだから、吟味したパターとの相性も確認しておくとより距離感にも磨きがかかるというものだ。ただ、他のクラブとの兼ね合いもあるのでいい塩梅にしてもらいたい。

ストロークと道具が合ったのであれば、ライン読みの技術も上げよう。せっかくいいストロークをしてもラインが読めていなくては結果が伴わない。ラインは、上り下り、曲がる方向と曲がり幅を想定しつつ、距離感に落とし込んでいくわけだが、こちらもラインに合わせたタッチ(距離感)にするのか、タッチに合わせてラインを合わせていくのかということになるのだが、ミスの傾向がラインにあるのであれば前者、タッチにあるのであれば後者ということになるので、ミスの傾向がどちらにあるのかを掴んだうえで調整していってほしい。

パッティングの距離感を良くするためにはストロークだけでなく、道具とライン読みの三位一体が必要となる。どこにウイークポイントがあるのかを自身が把握し、そのウイークポイントである部分を埋めてバランスシートの形を良くしていくことに尽力するといいだろう。

最後に、入れに行く気構えは常に持っておいてほしい。その気持ちがなくなるということは距離感がなくなるといっていい。プレーヤーはラインを決めたらカップに届かせることしかできないのだから。

黒田正夫

Page Topへ