コースで最適なクラブを選択するためには。

コースで最適なクラブを選択するためには。

コースでは練習場と違い、様々な難所が待ち受けている。そのため、ボールが置かれている状況をしっかり把握した上でターゲットまで何ヤード必要なのかなどの情報を整理しなくてはならない。直線距離だけでクラブ選択をしてしまうと縦距離のズレが大きなミスになりやすくなるばかりか、力感が強くなってきたり、バランスが取れなくなってくる。今回は、”コースで最適なクラブを選択するためには。”という話をしたい。

コースで最適なクラブを選択するために一番最初に考えてもらいたいことは、コース上にあるボールの状況は一定ではないということだ。特にコースには傾斜という特有さがあるため、練習場のように100%でのスイングがしづらくなっている。そのような状況下での100%のスイングをしてしまうのとどうなるのか。この結果については、おおよそ予測はつくと思われるが、ここで大事なことは、その状況下に合った100%とはどういう力感になるのかということだ。それはその場所でバランスを崩さない程度の力感のことを指すと考えてもらいたい。

力感に気を配れるようになったら、傾斜がきつくなればなるほど、クラブ選択には気を配ってほしい。例えば、平地でキャリー150ヤードだとしてもボールの状況は一定ではないため、その場所でのスイングバランスを考えると平地以下の距離になりやすい。そのためには、余裕のあるクラブ選択が必要になる。そうすることで、インパクトの精度を落とさず、飛距離の低下を抑えることができるようになってくる。クラブ選択に余裕がないと、リミッターを越えてしまうような力感でスイングしてしまう危険性があるため、バランスを崩さずに済むような総合的な判断ができるようにしていかなくてはならない。

バランスの良い力感でスイングすることと余裕のあるクラブ選択といった基本的な考えを頭に入れたら、傾斜ではクラブの持っている角度に変化が出ることも併せて頭に入れていきたい。左足上がりや左足下がりではロフト角に変化が出やすく、弾道の高低に影響を及ぼし、つま先上がりやつま先下がりではライ角に変化が出やすいことで、弾道の曲がりに影響を及ぼしやすい。この角度の変化もボールの弾道に影響を及ぼすため、頭に入れながらクラブ選択をしなくてはならない。

例えば、左足上がりではターゲットに向けて上り坂になっているため、クラブのロフト角は平地でセットするよりも増えている。余裕のあるクラブ選択がされていれば、ロフト角が相殺されることになり、弾道が特別高くなり過ぎることもないだろう。つま先上がりでは足元より高い位置にボールがあるため、クラブのライ角が平地でセットするよりもフラットになってフェースが左に向きやすい。傾斜に沿ったかかと体重で構えても傾斜に逆らって地軸に沿って構えたとしても余裕のあるクラブを選択して短く持って振ることができれば、クラブバランスが軽くなるとともにライ角の調整も容易になってくる。

アプローチでは、ショット以上に繊細な距離のコントロールが必要になるため、よりクラブ選択は重要になってくる。グリーン周りはSW一本だけあれば十分という人もいれば、状況に応じていろいろなクラブを使いこなした方がいいという人もいるが、どちらの手法がいいということでなく、その状況下で一番結果に繋がりやすいクラブ選択をしていくと考えてもらいたい。

コースで最適なクラブを選択するためには、クラブ特性と自身のポテンシャルを掛けあわせて相互の運動量から距離感を決定していく作業を行っており、相互の運動量の最小値から距離を伸ばしていくような考え方、もしくは最大値から逆算して距離を落としていくような考え方で組み立てられていくため、その作業が上手くいくようにしていきたい。

黒田正夫

Page Topへ