ゴルフはクラブという道具を使って行うゲーム。

ゴルフはクラブという道具を使って行うゲーム。

ゴルフのスイングフォームは、プレーヤーとクラブとが協調性を持っていることで成り立っているが、クラブとの協調を忘れてしまうと、クラブはソッポを向いてしまう。新製品が出るたびにミスへの許容範囲が広くなってきているにもかかわらず、クラブと協調できなくて結果を悪くしてしまう傾向が考えられるのであれば、少しだけでもクラブの存在に目を向けてほしい。今回は、”ゴルフはクラブという道具を使って行うゲーム”という話をしたい。

ゴルフは偏重心で安定さに欠けるクラブという道具を安定させながらスイングしていかなくてはならないため、これを安定させるための知識は、多少なりとも必要となってくる。スイングは、ただやみくもに思いっきり振ればいいってものではなく、フォームを考えすぎてギコチナイものになってもいけない。クラブの動き、クラブの特性を踏まえて、自身のスイングフォームとどう折り合いをつけて協調していくのかを考えていかなくてはならない。

クラブの動きを安定させながらスイングフォームと折り合いをつけて協調させるにあたって、本来は素振りなどで連動させながら互いを動かすと効果的なのだが、その前に自身がどんな弾道を打っている傾向にあるのかを知らないと次のステップを間違えてしまうため、まずは自身の弾道を観察しながら行うことをおススメする。練習場などに設置されている弾道測定器などを利用すれば数値で確認することができるので、利用できる環境が整っているのであれば積極的に利用するといいだろう。

打ち出された弾道をよく観察しながら行ってほしい点は、打ち出し方向と曲がり方向、スピン量の3点となる。打ち出し方向と曲がり方向は、フェースの向きとスイング軌道に、スピン量は入射角に主に関連されるものとなる。プレーヤーが打ち出す弾道は、インパクトでの一瞬で決まる。そのため、常に一定にしていくためにはフォームの安定も必須になるが、安定させようと自分だけが頑張り過ぎることのないようにしていくことが重要となる。

自分だけが頑張り過ぎてしまわないようにするためには、まずはクラブの機能を無視した構えや動作になっていないかまずはチェックしてほしい。アドレス段階で極端にロフトを減らしたり、ライ角を無視したりでは、いくら補正能力がアップしているクラブでも、最初から許容範囲を逸脱してしまっては大きなミスとなってしまう可能性が高くなる。こういうミスをしている傾向があると思われるのであれば、いま一度、クラブを地面に置いてみて、それぞれのクラブがどういう角度や顔に見えるものなのかをチェックするといいだろう。

構えは特に問題がないのだが、スイングにおいて頑張り過ぎが発生している傾向があれば、フォームのチェックをする際は、クラブの動きと連動して考えてほしい。チェックするポイントとしては、インパクト前後でのフェースの向きがスイング軌道の方向にマッチしているか、入射角ができるだけ鈍角でクラブヘッドが低い位置を動いているかの確認をしてほしい、どれか一つでも大幅なズレを起こしていると、その他の部分も悪くさせてしまいやすく、回避行動や代償運動が必要になってしまうので、しっかりチェックしてほしい。

逆にクラブの動きだけをトレースするだけでは、プレーヤー本来のパフォーマンスを出し切るものではないことになる。長尺や軽量のクラブを使用していた時に最初だけ飛んで、ある一定の期間が過ぎるとスピードが出なくなってしまった傾向があるようであれば、クラブ任せにし過ぎずに自分も頑張ることに注力してほしい。

ゴルフはクラブという道具を使って行うゲームであるため、答えは人それぞれのスイングフォームの特性からも導き出されてくる。現在の構えやスイング、道具の使い方など、少し見方を変えてみるだけでも改善されることはあるので、クラブとの協調を常に持ち続けることが前提であるということを頭に入れておいてほしい。

黒田正夫

Page Topへ