弾道測定器の数値を活用しよう。

弾道測定器の数値を活用しよう。

弾道測定器といえば、大手ゴルフ量販店や中古ショップなどで、営業販売ツールのひとつとして活用されていた感じだったが、最近は、弾道測定器が完備されたインドアが増え、屋外のゴルフ練習場にも装備されるようになってきたりと、身近に扱えるものとなってきた。このような恵まれた環境をどのように生かせばいいのか。今回は、”弾道測定器の数値を活用しよう”という話をしたい。

プロの間でも個人で高価な弾道測定器を自費購入し、数ヤード刻みで練習する選手が増え、クラブごとのキャリーやコントロールショットの感覚を揃えるアイテムとして弾道測定器を使った練習は当たり前になってきた。このような弾道測定器ではあるが、アマチュアはどのように活用すればいいのだろうか。

弾道測定器を利用する場合、どうしても総飛距離の数値に目が行きがちだ。数値が大きく表示されたり、最後に表示されたりするので、どうしても注目するものになってしまうのだが、この数値は最終的な結果であるため、なぜその数値になったのかということに着目して、その他の数値に目を向けてもらいたい。

弾道測定器は主に、ヘッドスピード、ボール初速、ミート率、打ち出し角、スピン量、その他が測定できるが、測定する時の注意点として、使用するクラブの特性や用途に合わせて着目する数値を変えるようにしてもらうことが望ましい。プレーヤーは通常、自分で打った弾道を分析しながらスイングを調整していくことになるのだが、弾道の分析の仕方が分からないと調整のしようがないことになるので、それらの調整に弾道測定器を使い、打ち出された弾道を客観的に分析してもらい、自分のストロングポイントとウイークポイントをはっきりさせ、調整する部分が絞り込められるようにしていければいいだろう。

人によってクラブセッティングは様々ではあるが、まずは、自身のクラブセッティングを飛ばす、狙う、止めるといった風に編成してみてほしい。そうすると、ドライバーやフェアウェイウッドは飛ばすクラブとなり、ユーティリティやロング、ミドルアイアンは狙うクラブ、ショートアイアンやウエッジ、パターは止めるクラブといった編成に大方なってくるはずだ。

編成できたらそれぞれどの数値に着目すればいいか例を挙げていこう。飛ばすクラブにおいては、初速、打ち出し角、スピン量の3点に絞ってもらいたい。これらは、”飛びの3要素”と呼ばれるものだが、初速が速いのか遅いのか、打ち出し角が高いのか低いのか、スピン量が多いのか少ないのかといった数値が明確になるため、打ち出された弾道がなぜ飛ばないのか、曲がってしまうのかが解ってくる。ウイークポイントが改善できた先には、自身最高の飛距離が待っているだろう。

狙うクラブにおいては、スイング軌道、フェース向き、曲がる方向の数値に着目したい。この数値は、飛ばすクラブにおいても重視しておきたいものではあるが、特に狙うクラブにおいては、精度を高めておいてほしい数値のため取り上げておきたい。3つの数値は、打ち出し方向と曲がり幅に直結するので、この数値の改善には特に務めてもらいたい。そうすれば、狙ったターゲットに飛んでいく弾道を手に入れることができるだろう。

止めるクラブにおいては、入射角、落下角、キャリーの数値に着目したい。この数値は、狙うクラブにおいても重視しておきたい数値ではあるが、グリーン上に止められるかどうかに直結しているので、精度を高めていってほしい。そうすれば、思ったところにボールを止められるようになるだろう。

このように飛ばす、狙う、止めるといったことを数値として活用できれば、ボールをコントロールするために必要な情報が手にいれられる。当然、プレーヤーの着目点によって弾道測定器の数値の活用は違ってくるものなのだが、様々な数値も活用しなければただの数字と化してしまうので、上手く生かせるようにしたい。

黒田正夫

Page Topへ