真逆を試して悪いクセを治そう。

真逆を試して悪いクセを治そう。

捕まった球が打ちたいのに、逆球の捕まらない擦れたボールになってしまう。ボールを上げようとしているのに転がっていってしまうなど、それを抑えようとしているのに、さらに悪くなってしまったりする。このような身体に染みついた悪いクセを払拭するにはどうすればよいか。
今回は、” 真逆を試して悪いクセを治そう。”という話をしたい。

悪いクセになっている現象を抑えようとしても抑えられないのは、その手法は間違ったやり方だということだろう。例えば、右に曲がるスライス弾道になってしまうため、右に曲がっても大丈夫なように左に向いたアドレスにしていく、ボール位置を左に置くといったことは、ボールがコントロールできる範囲であるならば、クセと上手く付き合っていることになっているので持ち球として機能するだろうが、その現象を治そうとしているのに結果としてその現象を増長させてしまうことに繋がっているのであれば、いっそのこと真逆のことを試すことにチャレンジしてもらいたい。

真逆のこととは、前述した現象であるならば、右を向く、ボールの位置を真中や右にしてみるということだ。前述の現象は、インパクトまでにフェースが戻りきらない傾向があるので、インパクトの体勢を整えておくためにフェースも被せておくのもいいだろうし、または、フェースローテーションを積極的に入れてみることでもいいだろう。

試してみて解ることだが、最初の内はとてつもなく右にボールが飛んでいくことになるだろうが、そうすることにより、右にはいかせたくない反応が起きるか、もしくは左に曲がることはこんな感じなのかといった、今まで慣れ親しんだ感覚とは別のものが芽生えてくるはずだ。

真逆の事を試すのは、この自分の中になかった感覚を取り込むことから始めることが大切だ。感覚がなくては、頭の中で“こうしよう”と思っていても身体にはその感覚がないわけだから体現も出来ないことになる。だから、堂々巡りなことを繰り返してしまうことになってしまうから、いつまでも抜け出せない。

例えば、ボールが上がらなくて、上げようと思っても転がっていってしまう人は、掬って打つことに慣れているので、逆に上げないように上から潰すくらいのことをやってもいいだろう。グリーンに近づいていくにつれ、ショート気味になる人は、オーバーめに打ってみればいい。感覚が乏しいものは充足しなくてはいけないし、偏った感覚はバランスよいものにしていかなくてはならない。

ただ、このような偏った感覚に陥りやすい原因は、外部情報による知識の刷り込みや勘違い、欠如といったものも多いので注意してもらいたい。前述の右に曲がるスライスが治らない、ボールを上げようとしているのに上がらないでころがっていってしまうといった現象が起こるのは、表面的には、アライメントやグリップ、アドレス、スイングのどこかに勘違いして覚えているものや合っていないものを取り入れていたりしているものとなるのだが、そうなってしまう根本的な原因は、道具としてのクラブやボールの取り扱いを知らなかったということかもしれない。

ショート気味になってしまう現象にも様々な技術的な要素もあるだろうが、根本的な原因は、“手前から攻める”や“オーバーしてならない”といったマネジメント的な考えからくるものだったりしないだろうか。ショートしてもよし、少しでもオーバーしたらダメといった言葉をその状況下で常に容認しているのであれば、そういう行動になってしまうのは致し方ないだろう。

それらを打破するためにも真逆の考えに基づいて行動してみることだ。このように真逆を試さないといけないほど感覚に乏しくなっていたり、偏った感覚や考えになっていることはコースをプレーするにあたり、スコアアップの足枷になってしまっていることを真摯に受け止めてもらいたい。

黒田正夫

Page Topへ