パーの取り方のバリエーションを増やそう。

パーの取り方のバリエーションを増やそう。

難易度の高いホールやトラブルに見舞われたホールでパーが取れるととても嬉しいものである。その時のパーの取り方は様々であるといっていい。各プレーヤーの飛距離や方向性といった技術レベルの違いやマネジメントの違いもあるだろう。それでは、どのように考えてプレーしていければいいのだろうか。今回は、“パーの取り方のバリエーションを増やそう”という話をしたい。

パーの取り方は様々である。つまりパーの取り方のバリエーションが幾多もあり、そのバリエーションの中で得意なものをいくつ持っているかということになる。これは、自分というプレーヤーの資質をどれだけ把握しているかということが重要になる。それには、パー5の攻め方をまずは参考にするのが解りやすいだろう。

なぜ、パー5の攻め方なのか。それは、難易度の高いホールやトラブルに見舞われたホールを想定した場合、パー5のロングホールと同じような攻め方になる傾向があるからだ。パー5は2打目でロングショットが、3打目でアプローチを含む150y以内のショットが残りやすい。この状況でどのような攻め方をするかというのが各プレーヤーの基本的な資質となる。

パー5の2打目のロングショットで、状況によって選択されるべき事項は、安全地帯に刻むことにするのか、出来るだけグリーンに近づけるのか、もしくは狙うのかということを選択している。つまり、普段どのようなプレースタイルでパー5を攻略しようとしているのかがジャッチする目安となる。

例えば、飛距離に自信のあるプレーヤーならば、多少深いラフに入っていても短いクラブで打てる分、グリーンを狙うチャンスは十分あるだろう。これはフライヤーしそうなラフに入っていても同様だ。逆に飛距離に自信のないプレーヤーは、飛距離を欲張らずに刻むことも視野に入れつつ、状況に応じたプレーをしていきたい。コントロールショットに自信があるプレーヤーであれば、ある程度アバウトな刻み方でも対応出来るだろうが、あまりにも傾斜やラフがきついようであれば対処に苦慮することになるので、エリアは明確にしておきたい。

コントロールショットが苦手なプレーヤーは、できるだけフルショットしやすい距離と平地になっているエリアに置いておきたい。常にパーオンして、バーディーパットを外してのパーといったことにはならない。パーオンしなくてもパーが取れるルート探しや得意な番手やショットは頭に入れつつ、次打が有利になるような戦略を練っておきたい。

グリーン周りの対処方法の違いでもパーの取り方の考え方も変わってくるだろう。アプローチで転がすことが得意であれば、転がしを使えるルート狙いに、上げることが得意であれば上げやすいルート狙いといったように、どこならチップインも狙えるといったことも考えてプレーを構築できるようになれば、狙うショットにエリアが明確になるだけでなく、余計な緊張感を持たなくても済むことになるだろう。

パッティングが得意であれば、ショットで無理するよりもロングパットになってしまってもグリーンに乗せることを優先して、確実に2パットで上がれるような算段をつけておくといいだろう。パッティングは苦手だというプレーヤーは、得意はラインが残るようにルートを考えていくのもいい。クラブセッティングも自身が苦手とする距離やショットを補填してくれるものは揃えておきたい。

パーの取り方のバリエーションを増やすということは、どの状況でも高い確率でクリアできる手法を持つことである。それは難易度が高くてもトラブルに見舞われてもボギーは確定させつつ、パーのチャンスの確率を上げておくことともいえる。そのためには、チャンスを確実にものにするためにも失敗は恐れず、成功体験を蓄えていくことに邁進することが上達へのカギとなるだろう。

黒田正夫

Page Topへ