自分なりの構えを身につけよう。

自分なりの構えを身につけよう。

他のスポーツ同様、ゴルフでも構えが大事になる。構えがズレていて、スイングする前からエラーが出ていては、ナイスショットが見込めないばかりか、ミスの原因を取り違える可能性があるので慎重に事を運んでいきたい。そのためにはどんなことに注意しておいた方がいいのか。
今回は、“自分なりの構えを身につけよう。”という話をしたい。

ゴルフはターゲットゲームである。ターゲットゲームである以上、そのターゲットに合わせた構えが必要になる訳だが、自分なりの構えを身につけておかなくてはならない。人間がやるからこそ構える感覚にはセオリーとのギャップが生じることを頭に入れておきたい。ここでは全部のチェック要項を網羅するのは難しいので、いくつか例に挙げながら話していくことにしよう。

まず構えに大事なのは目線となるが、ゴルフの難しさはここにあるように思われる。ゴルフ場のレイアウトは、プレーヤーから見える景色で錯覚や不安感を生み出すようにし、狙うべき方向に対して目線が狂うように造られているものだと考えてもらいたい。そのために目線はブレたり泳いだりしてはいけない。

広大に見えるレイアウトほどターゲットが絞れず、目線が曖昧になってしまうので注意してほしい。どんな場面、ショットでもターゲットを絞り込んで目線の焦点を合わせてもらいたい。そのためには、ターゲットがどのように見えていなくてはならないのかを練習場での日ごろの練習でも意識しておいてマスターしてほしい。

次に大事なのは、上半身の構えとなる。上半身、特に肩の向きが飛球線の平行なラインに対して開いていたり、閉じていたりといったことが起きやすいが、基本的にはスイングの軌道と関連するところなので、肩の向きに対してスイングプレーンが形成されるタイプであれば、飛球線に対して平行であることが望ましいものになる。

逆に、肩のラインが開いていたり、閉じていたりしていてもスイング軌道が分離できていて、かつ飛距離と方向性に長けていれば、それがそのプレーヤーにとっての理想的な構えが出来ている状態といっていいだろう。

上半身を合わせるにあたって注意するべき点として、ターゲットは利き目で見ると合わせやすくなるものだが、見る方の目によって首の動きは変わるため、その動きに引っ張られて上半身の構えにもズレが生じることもあるので、目線をどこに置くといいのかといったことも踏まえてスイングしやすい構えを作り上げるようにしたい。

足元に置くか打ち出し(スパット)を意識するか、最高到達点や着弾点なり、イメージしやすくズレが生じないようにしていくことが重要となるだろう。

下半身においても、足裏の荷重配分や膝の向きなどにも気を配りたい。下半身は出力を増加させるとともにバランスも取り合わせたものにならなくてはならないため、前後左右に動き出せる荷重配分であることに注意を払いたい。

プレーヤーは軸足に荷重を掛けやすくなる傾向があるため、足裏の左右前後の荷重が極端にズレる場合がある。その場合は、上半身と分離してスタンスをクローズもしくはオープンにして調整してもらいたい。

例えば、クローズスタンスの場合、前後のバランスは左足がかかと寄り、右足はつま先寄りに荷重配分しておくと、飛球線に対してはナチュラルに構えられるとともにバランスが崩れづらい安定したものになる。動いてもバランスが崩れないアドレスが作り出せればパワーを引き出せることになり、パフォーマンスの向上にも繋がる。

このように、アドレスを安定させるのは見た目のスクエアさに囚われるのではなく、自身のクセを知るところから始めれば、周りから見てもターゲットに狙いを定めている雰囲気ある”構え”が身につくはずだ。

黒田正夫

Page Topへ