攻守のバランスを考えよう。

攻守のバランスを考えよう。

コースの攻め方はプレーヤーの資質が色濃く出るものといっていいだろう。リスクを避け、安全に確実にプレーするクレバーなタイプもいれば、リスクを負いながらも果敢にプレーするアグレッシブなタイプがいる。どちらのタイプも守りながらも攻める、攻めながらも守るといったバランスが必要だが、あまりにも偏った攻め方をしているとコースから返り討ちに会うことも出てくるので注意したい。今回は、“攻守のバランスを考えよう”という話をしたい。

リスクを避け、安全に確実にプレーするクレバーに攻めても、リスクを負いながらも果敢にプレーするアグレッシブに攻めても状況に応じてタイプを変えられると非常にゴルフの偏差値が高いものになるのだが、なかなかそうはいかないのが実情だ。しかしながら、意識して現場で経験を積んでいかないと攻守のバランスはいつまでも偏ったままになってしまう。

クレバーに攻めているように見えても、あまりにも消極的な攻め方であったり、アグレッシブに攻めすぎて、打たなくていい一打を増やしてくようでは、スコアを減らそうと努力しているのではなく、スコアを捨てることになってしまう。

例えば、あるホールで左足下がりのつま先下がりといったセカンドショットが残って、グリーン左にバンカー、さらにその左は池といった状況になってしまった。ピンは左サイドの真ん中あたりに配置されているが、幸いにもフェアウェイにボールがあり、ライの状態も悪くなさそうだ。

残り距離や傾斜の度合い、風の強度や選択するクラブによってリスクをどこまで取るかで目標の取り方も変わってきてほしいところだが、一見クレバーに攻めているように見えても、あまりにも消極的な攻め方しているプレーヤーは、このような状況で入る確率が低いハザードを警戒しすぎて、且つショートをよしとするといった傾向が伺えるため、その一打の状況の難易度を考えずにリスクは取らないため、逃げ回った攻め方になって、右手前に外すショットになりやすい。

ラフや花道といった特段何もなければ問題ないのだが、バンカーがあったり、木々がせり出していたり、OBによって絞り込まれていたりした場合、逆サイドの罠にハマってしまう場合も出てくる。

本来、どこにポジショニングするとチャンスが生まれるかを考えなければいけないのだが、目の前に見えるトラブル要素を見えないようにするため、視界から消す作業が行われるため、あらぬ方向に向いてアドレスする傾向になり、スイングも鈍いものとなるため、右サイドにショートするといったものになってしまう。

これは、すべてのホールに適用されるものではないため、OBゾーンやハザードが見える、または意識させられる状況に陥った時に現れるため、その状況に立たされた時ほど逃げ回らず立ち向かうようにしていってもらいたい。逃げ回って痛い目に合うよりかは攻略の道筋が見えてくるはずだ。

逆に勇猛果敢にアグレッシブに攻めるプレーヤーの場合、この状況はあまり苦にならない状況といっていい。全体的には左サイドにトラブルがあるように見える状況ではあるが、ボールのライから察するに、右サイドにボールが集まりやすい傾向があるからだ。つまり、積極的にピンを狙っていってもピンの左サイドに外すリスクが少ないため、ショットの成功率が上がりやすい。

気をつけないといけないのは、この状況で右サイドにピンが切ってある場合だろう。少しのミスがニアサイドに外すことになり、次打を難しくさせてしまう。それを考えた場合、ワンピン左サイドから攻略していくようにすればいいだろう。

このように、保険を掛けつつ、攻めても大丈夫なところは積極的に、守るべきところは攻めつつも自重しながら、攻守のバランスを取っていければ、ストレスの少ないラウンドとなり、スコアもまとまるだろう。

黒田正夫

Page Topへ