視点をズラして見る位置を変えてみよう。 

視点をズラして見る位置を変えてみよう。 

ゴルフはターゲットゲームである以上、常に視点を定めなくてはプレーできないものである。視線の合わせ方ひとつをとっても構えやスイング、ボールの挙動も変わりやすくなる。そのため、視線を一点に合わせようとすることになりやすいのだが、それが必ずしも上手くいかないのであれば、適用に応じて変えてみてはいいかがだろうか。
今回は、” 視点をズラして見る位置を変えてみよう。“という話をしたい。

見る位置を変えてみるだけでも視線が注がれる部分が変わってくる。例えば、グリーン上では曲がり幅や起伏、距離を測るうえでも視線は必要な情報を得るための手段であるが、いざマークをしに行ったのはいいが、曲がり幅だけの横幅しか見ていなかったために、方向だけのチェックだけになってしまい、肝心なタッチが合わなかったりしてしまったなんて経験をしたことがあるだろう。

こんな場合、手持ちの道具をグリーン脇へ移動しに行くついでにボールとカップの中間点に見る位置を変えてみると上りや下りの起伏が見えて、転がすスピードや距離のイメージが沸いてきたりする。見る位置を変えてみるだけでも視線が注がれる部分が変わってくるのだから、上手くいかないシチュエーションほど、変えてみる価値はあると考えていいだろう。

砲台グリーン脇などボールを上げなくてはいけない時に旗の頂点やその上をみたりすると高い弾道でピンそばへピタリといった経験をしたことはないだろうか。

これは、目の前の木を越える時にも有効であることは言うまでもなく、視線を上げさせられるシチュエーションになりやすいと自然とそういう弾道になると覚えておくといい。落としどころばかりを気にしすぎて視線が下がってショート気味になってしまう人は、敢えて視線を上げるようにすれば、キャリーが出てくれることになるだろう。

このように、上下左右に視線を送っただけでも情報収集する量やイメージが変わってきたり、今までと結果が変わったり、思った結果が得られるのであれば視点を変える価値があるというものだ。

このようなことを利用してボールへの視線も前後左右上下と視点をズラして見る位置を変えてみても面白いだろう。例えば、ボールを見る視点を捕まらない時はボールの右側や前(向こう)側に視線をズラしたり、捕まり過ぎる時はボールの左側や後(手前)側に視線をズラしたりすることでスイング軌道やフェースコントロールへのイメージを変ることに繋がったり、ダウンブローは上側、ソールを滑らすには下側といった具合に入射角も変化させられるので、ボールが曲がってしまったり、上がったり、上がらなかったり等で悩んでいるのであれば、スイングを試行錯誤するより前に試してみる価値があるだろう。

パッティングでもラインによって苦手意識があるようであれば、ボールを見る視線を変えてもいいだろう。曲がりに対応させるとすれば前後(向こう・手前)に視線をズラすといいだろう。例えばフックラインに対してショート気味になっているようであれば、前(向こう)がいい。傾斜に対してドロー回転の転がりになりやすいのでショートしづらくなる。ラインが浅すぎるのであれば、後(手前)にするといい。フェースを右に押し出すような使い方になりやすくなるためラインに乗せやすくなる。ただしこれは一例であり、逆の方がやりやすい場合もある。

このやり方は、ビリヤードでいうと”捻り玉”といった感じだろうか。それぞれのラインに対してのそれぞれの考え方が変わってくるので試してもらいたい。同様に上り下りに対応させるとすれば左右に視線をズラすと距離感の調整にも役立つだろう。このように、視点をズラして見る位置を変えてみるだけで、見えなかったもの、迷っていた事、苦手だったことに光明が差すこともあるということをぜひ知ってもらいたい。

黒田正夫

Page Topへ