ボールの曲げ方も手に入れよう。 

ボールの曲げ方も手に入れよう。 

スイングを創るうえでもボールが真っすぐ飛んでいるかは重要な項目として挙げられる。弾道=結果から導き出されるスイングの成否といったことがフィードバックに繋がることになるからだが、構築するプロセスを踏んでいくことに合わせて、ついでにといってはなんだが、ボールの曲げ方も同時に手に入れておくようにしたい。今回は、“ボールの曲げ方も手に入れよう。”とういう話をしたい。

近年はボールもクラブも曲がりづらさが鮮明になってきている。このような科学の恩恵を日常的に受けているプレーヤーはシンプルなスイングでボールを真っすぐ飛ばすことが主流といった考えになっていくのは当然のことだが、その道具にマッチしたスイングを構築していく段階においても、ボールが曲がる現象は必ず起きている。

この曲がる現象をプレーヤーはどのようにすれば曲がらなくしていく方向に持っていけるのかを考えるのだが、その曲がり幅が許容範囲に入ってくると、どうして曲がっていたのか、それをどのようにして克服したのかを忘れてしまいがちだ。

ボールもクラブも曲がりづらくなっているということは、許容範囲が広いという利点があるため、一度、許容範囲内に収まるようなスイングに到達できると、ボールが曲がる現象も徐々にということになってくるのだが、許容範囲を超えた瞬間に、急にというか、いきなり極端に曲がってしまう現象が起きてしまう欠点も裏側にはらんでいることは頭に入れておいてほしい。

つまり、少し曲げて風にぶつけたりすることに関しては、やり過ぎることなくやりやすいので、少しだけ曲げる手法は手に入れておきたい。ただし、目の前の木や大きなマウンドなどを回避するためにボールを曲げなくてはいけなくなった時は、極端にやってほしい。
そうしないと思ったよりも曲がらなかったりして、その先のトラブルに突っ込むことになるので注意しておいてほしい。

それでは、曲げ方についての手法を考えてみよう。はじめに曲げるにあたって3つのことを考えてもらいたい。それは、打ち出す方向とスイング軌道、それに伴うアドレスの向きということになる。まずは、打ち出す方向とスイング軌道からとなるが、打ち出し方向が決定されるのは、実際のところインパクト時のフェース面の向きになるので、フェース面を左右に向けてスイング軌道はインサイドインの通常軌道で振ってもらいたい。

次にターゲットにフェース面を合わせておいて、アウトサイドインやインサイドアウトの軌道で振ってみてもらいたい。どちらがやりやすかっただろうか。どちらにせよ、スイング軌道に対して、フェース面がオープンやクローズになっているため、ボールが曲がりやすくなることが確認されるはずだ。

どちらの手法を用いたとしても、ボールを曲げたい方向に対してアドレスの向きも同時に考えておかなくてはならない。ここでも3つの手法を試してみよう。アドレスの向きを変えずに腕を振る方向を変える、アドレスで上半身の向きを変えてその向きに沿って振る、アドレスで下半身の向きを変えるだけでスイング軌道は変えないといったことになるのだが、こちらもしっくりくるものを取り入れればいいだろう。

このように、打ち出す方向とスイング軌道、それに伴うアドレスの向きをアレンジすることにより、ボールを意識的に曲げることができる。ボールもクラブも曲がりづらくなっているので怖がらずにやってみるといいだろう。そうするとどこまでが許容できるものであるかも解ってくる。

ボールが曲がる原理が解ってくると自らのスイングの特徴も理解できるとともに状況に応じて要求される弾道を意図して打てるようになり、コースを攻める幅も広がってくる。ここでは、打ち出す方向とスイング軌道、それに伴うアドレスの向きに特化したが、それ以外にもボールの位置を変えるだけで行う場合もあるのでぜひ取り組んでもらいたい。

黒田正夫

Page Topへ