軽く振ってフェースで弾いてみよう。

軽く振ってフェースで弾いてみよう。

練習場でもコースでも力任せに振ってミスをしてしまう人がいる。ミスを繰り返すたびに、周りの人は無駄な力を入れているのが目に見えてわかるので、最終的にはアドバイスをしたりするのだが、もう後の祭りになってしまう。こんな状態から抜け出すためにはどうすればいいだろうか。今回は、“軽く振ってフェースで弾いてみよう。”という話をしたい。

クラブを振るためには、ある程度の力は必要になる。これは、持っているクラブの実質的な重量や長さに伴うヘッドバランスの変化によっても異なってくるものだが、このクラブの重量が合っていないとクラブを振るにあたって無駄な力が入りやすいので、全体重量が重いもの軽いもの、シャフトやグリップが硬いもの柔らかいものといった具合に自分の感覚に合った重さのクラブを選んでもらいたい。

ひと昔前までは、振りきれる範囲内で重いものといった具合であったが、今はどのクラブも軽量化が進んでいるのでクラブバランスでチェックするのもいいだろう。ちなみに、クラブバランスも人それぞれの感覚になるので、数字ありきで選ばないようにしてもらいたい。

また、素振りではいい感じで振っているのに、いざボールを目の前にすると力が入ってしまう人もいる。このような人は、当の本人も力が入っている感覚があるのはわかっているが、どれくらいの感覚がちょうどいい力感なのかが上手く把握できていないというのがあるだけなので、こういう症状の人は、フェースで弾く感覚を体感して少しでも取り入れてもらいたい。

練習場では、連続打ちのドリルなどがいいだろう。間髪入れずにリズムよくクラブを振ることで、フェースで弾く感覚が分かってくるはずだ。コースではいつもよりヘッドスピードを落とす感覚で軽く振ってみるといい。傾斜地に行った時にでも試すといいだろう。軽く振ってもボールは想像以上に飛ぶ現象に驚くことになるはずだ。

それが実感されてくると無駄な力を入れて握り、構え、振ることに違和感を抱いてしまうことだろう。ヘッドスピードを落とす感覚で軽く振っているにもかかわらず、実際のところヘッドスピードを計測してみると極端にスピードが落ちていないことが解ってくる。人によっては、ヘッドスピードがUPしている人も出てくるはずだ。ガチガチに無駄な力を入れてスピードを出そうとむやみに振るより、スピードを出さないように軽く振った方が、手首も柔らかく使えるので、かえってシャフトの撓り戻る力が感じられ、フェースで弾く感覚がフィードバックされるだろう。

フェースで弾く感覚が使えてくると、無理に振り幅を大きくしたり、インパクト圧を高めようと強く当てたりしなくなってくる。そうなると、フェースのどの部分に当てるといいのか、クラブヘッドをどういう軌道で入れてくるといいのかなど、効率よく飛ばすためのフェースコントロールが長けてきて、距離の調整もフェースの弾き具合を考えてコントロールできるようにもなってくる。

コースでも傾斜がきつい場所からのショットや林の中からのレイアップなどのトラブル時でも使えることになるので、ぜひともトライしてもらいたい。現代のクラブは、クラブヘッドの構造がカーボン(複合)コンポジットとなり、たわんで弾くにはどういう風にすると効率よく飛んでいくことに繋がるかを考えられたものとなっている。

フェース面もチタン合金やステンレス、アルミニウム合金や軟鉄といったように、飛距離や方向安定といった用途別に装着されることでそれぞれの色合いを出している。つまり、ボールを打つのに無駄な力を使ってスイングするより、洗練されたクラブヘッドの弾きを存分に使った方がスイングにおいて最も重要な効率に直結するので、スイングを構築するプロセスを踏んでいくうえでも頭に入れておいてほしい。そうすれば、プレーヤーとクラブの共同作業としてのスイングが完成されることに繋がるだろう。

黒田正夫

Page Topへ