苦手なパットは工夫して克服する。

苦手なパットは工夫して克服する。

どんなにショットが良くてもパットが入らなくてはいいスコアを出すことはできない。それだけに、カップに入れるため、日々努力を惜しまないことがその後の成長に繋がることになる。その成長を促すためには工夫も必要だ。パットで必要な距離感と方向性を両立させるためにはどうすればいいのか。今回は“苦手なパットは工夫して克服する”という話をしたい。

入るパットにしていくには、ストロークだけでなく、ラインの読みも正確にしたいところではあるが、ここでは、グリップやアドレスなど打つ前の準備を中心に話を進めたい。

パッティングでは、如何にインパクトでフェース面がライン方向に向けられるかがカギになってくるといわれている。そう考えると、ラインを読み終えた後のセットアップから正確なものが要求されることになるのだが、例えば、目線の下にラインがくるようにし、左目の下にボールを置いてといったセオリーに合わせて、科学的なアプローチで結果が良くなっていくのであれば、その結果に基づいて感覚を制御していくのも苦手克服の工夫となるので、まずは試してみるべきであろう。

逆に科学的なアプローチが足枷になっていて、ストロークでの感覚が乏しく、上手くアジャストできず、結果として精神的な重圧や苦痛になっているのであれば、無理に取り入れるものではないだろう。その場合、目線はラインに対してどのようにすればいいのか、ボール位置はどのように見えるように配置するべきなのかを工夫すればよいことになる。

グリップにおいても、どのように持ってもパターが思いとおりにストロークすることが出来るのであれば問題はないはずなのだが、意外とグリップに着目せず、いつも同じ握り方でストロークだけに注意を払っている人は多い。

感覚が合わないのであれば、指の掛け方や詰め方、持ち手を変えるなど工夫して、タッチの加減やそのグリーンの状況に合わせるようにしていくことも大事な要素になるだろう。例えば、引っかけのミスが出ているのであれば、クロスハンドやクローグリップなど引っかけにくい持ち手に変えたりするなど、苦手なラインの時だけ工夫するのもいいだろう。

アドレスにおいても、スクエアに立つことに囚われすぎているとスムーズなストロークが出来なくなったり、状況に対応できない場合が出てくる。急な上り下りや曲がるラインに合わせてクローズやオープンスタンスに立ち方を工夫するのもよし。足裏の荷重に注目して、片足側やかかと側に寄せるなど、ポジショニングを工夫するのもよし。残り距離に合わせて前傾姿勢の角度を変えてもよし。クラブの長さやひじの角度を変えてもよし。といったように、ひとつの型にこだわるのではなく、その型にアレンジを加え、その状況に対応できるものとすると、ストロークに詰まり感や押し出し感がなくなって、距離感も合ってくるだろう。

道具であるパターにおいても、簡単なチューニングを施すことが大事になってくる。チューニングに必要な簡単なアイテムは“鉛”が代表的であるが、この“鉛”をヘッドやシャフトに工夫して貼ることによって、重さやバランスを変え、パターをもっと自分好みにするのもいいだろうし、グリップ交換で形状や太さを変えることでもしっくりしたものにすることが出来るだろう。

パットのおいてはストロークも大事ではあるが、ストロークをしやすくするためのセッティングや準備も大事なのだということも知ってほしい。

スコアに直結するものであるので、結果が悪いと苦手に感じてしまうことにも繋がってしまう。そうならないためにも、自分なりの基準さえ持っていればいいのだということを肝に銘じて、苦手のままとするのではなく、グリップやアドレス、道具にも工夫を凝らして苦手を克服する楽しさを持ち合わせてもらいたい。

黒田正夫

Page Topへ