バンカーショットも条件に合わせて簡単脱出

バンカーショットも条件に合わせて簡単脱出

バンカーショットのセオリーを覚えても、ある一定条件から外れてしまうと途端に上手くいかなくなる。バンカーにボール入ってしまうと打ち方ばかりに気を取られ、ボールの状況の観察を怠ってしまう傾向にある人は、このようなことになりやすい。それは、なぜなのか。そうならないためにはどうすればいいのか。今回は“バンカーショットも条件に合わせて簡単脱出”という話をしたい。

バンカーショットのみならず、観察を怠る人は、状況が困難になればなるほど対処できなくなる。バンカーショットは練習する環境も乏しいものになりやすいため、他のショットより経験値が圧倒的に少なくなるのは仕方のないことではある。しかし、ボールの状況を確認せずに打つことは成功率を下げてしまうことに繋がるため、どのショットも観察するところから始めてもらいたい。

そうすることで、バンカーショットのセオリーが通用するのか否かといったことも何となく解ってくる。経験が乏しければ、最初は解らなくてもいいかもしれない。どのような条件だとセオリーが通用するか試してみようといった考えでもいいだろう。

それでは、バンカーショットのセオリーはどんな条件から導き出されているのだろうか。おおまかにいうと、距離は30y以内、砂は足跡が付くくらい柔らかく、バンカーの底でほぼ平らではあるが、ボールの重みの分だけ少し沈んでいるくらいまでといった具合の条件となろう。

つまり、距離が遠かったり、砂が硬かったり、傾斜に止まっていたり、目玉になっていたりしたら、セオリーだけでは通用しなくなってしまう可能性が大だということを気付くべきだろう。

確かにセオリーとおりSWのフェースを開いたり、寝かしたりしてバウンスを有効的に使えるようにしていくとバンカーショットは簡単になってくる。しかしそれは、どこまでがセオリーの条件に当てはまっているかどうかを検証する必要がある。

素の状態のSWでは砂の中に潜り込み過ぎて振り抜くことさえ困難な状況に陥ってしまいやすく、脱出が困難になってしまう場合であればバウンスを使えるようにし、それとは逆に、砂が硬かったり、入っていない条件であれば、味付けを施していない素の状態もしくはバウンスが使えないようにしながらバンカーショットを行うほうが問題もなく脱出できることになるだろう。

例えば、バンカー内のボールが運悪く目玉になっている場合などに、このことが頭に入っていると対処がしやすい。目玉はボールが砂の中に潜り込んでいる状態なので、砂の中にクラブヘッドを入れるためにフェースを閉じたり、被らしたりすると簡単に脱出できる。ただし、砂質が柔らかく、クレーター状の目玉の場合は、フェースを開いたり、寝かしたりした方が良い結果が出やすい。

このように、バンカーショットでも条件により、対処の仕方は変わってくる。手持ちのSWの素の状態でバウンス角が10°以上であったり、ソール部分が広かったりしたら、まずは味付けを施していないSWの素の状態でバンカーショットを行ってほしい。顕著に結果も変わってくることが感じられるはずだ。

フェースを開いたり、寝かしたりすることが苦手な人は、よりロフトが多いLWをセッティングするといいだろう。本来、バウンスを使うのは、砂質に応じて調整を施していくものであることを頭に入れておきたい。

最後に、バンカーに入ると目の前にアゴがあるため高く打ち出さなければと思う人は多い。確かに正解ではあるが、手持ちのSWのロフト角は何度あるのだろう。セット物のクラブであったとしても基本的には55°以上のロフト角が付いているクラブであることを頭に入れておきたい。そうなると、アゴが背丈分の高さがあったにしても、自分の背丈分だけアゴから離れていれば、十分クリアできるだけのロフト角を有しているのだ。

黒田正夫

Page Topへ