トラブルショットは楽しむが勝ち。

トラブルショットは楽しむが勝ち。

コースに出るとトラブルの連続といっていいだろう。隣のホール行ったり、崖下に落ちたり、木の根元にいったり、バンカーで目玉になったりと枚挙にいとまがないといっていい。このあらゆる状況に苦虫をかみつぶしたような表情で迎えるだけか、複雑な気持ちを押し殺して苦笑いをしつつも策略を練るかで、その後の状況もだいぶ変わったものになるのではないだろうか。今回は、“トラブルショットは楽しむが勝ち。”といった話をしたい。

コースに出るとフェアウェイど真ん中にナイスショットしたのに、行ってみたらディボット跡に入っていて、結果トラブルショットになってしまったなんてことも時にはある。こんな時は、ゴルフの神様が更なる上達に導くため、己の心技を試されていらっしゃるといった心境を持ち合わせいるぐらいの悟りがあるといいのだが、なかなかそうはいかないのが実情だ。

それだけではなく、傾斜の強い場所に止まっていたりもするので、コースではボールが曲がろうが曲がるまいが、どこでもトラブルショットになってしまう可能性はいつでもはらんでいると考えておくだけでも精神的な落胆の度合いが低くなる。そうすれば、少しでもいい条件でプレー出来るようであれば、ラッキーと思えるようになり、難しく感じられなくなってくるからだ。

トラブルショットを前にして、この困難にどう立ち向かうかは、ボールの状況を観察した時の最初のインスピレーションにも関わってくることなので、頭には入れておいてほしい。

それではトラブルショットに遭遇した場合、どのように考えて対処していくといいのだろう。ここからは個々人のインスピレーションの持ち方によっても変わってくるので、まずはどのようなインスピレーションを持っているのかをチェックしてもらいたい。こういう弾道を描けば上手くいくだろうといった最善の道筋が直感的に閃いているのであれば、そこからリスクを考えていき、最良の結果に導けるようにしていきたい。逆にこういうミスが出やすいなといった最悪の道筋が瞬間的に思いついてしまうのであれば、過大なリターンを求めないということだ。

心理的には、不運を嘆くがごとく落ち込んでしまうところから始まるので、確実にできることから考え、そのあとにどこまでなら無理が利くのかを考えるようにするといいだろう。インスピレーションがどちらのタイプであってもトラブルはトラブル。トラブルショットはしっかり考えてプレーしないと火に油を注ぐことに繋がるので、状況に応じた対処の仕方を覚えておくようにしたい。

次にトラブルショットを打たなくてはならなくなった時、技術的なことで注意してもらいたいことはなるのだが、ここでも個々人の技術力の差が出てくるので、番手やショットなど、得意なものとそうでないものをチェックしてもらいたい。

例えば、曲げるのであれば、どちらに曲げるのが得意なのか、転がすのと上げるのはどちらが得意なのかなど、自分の得意なことでチャレンジできるのであれば、その困難をクリアする確率は高くなるので逃げずにチャレンジしてもらいたい。さらに、立ちやすい傾斜なのか、コンタクトしやすいライなのかといった細かなチェックも怠らないようにすれば、どんどん成功する確率が上がってくる。

このように、林の中に入ったらどうやって脱出するか、バンカーや池が目の前に広がっていたらどうやって越すか、傾斜がきつかったらどうやって打ちやすくしていくか等々、様々な困難な状況が待ち受けていても、ロールプレイングゲーム感覚でどうすればクリアできるのかを考えていくようにしていければトラブルショットも楽しめるようになってくる。そうすれば、ゴルフのレベルが一気に上がることに繋がっていくことだろう。

黒田正夫

Page Topへ