アプローチイップスの前兆が現れたら

アプローチイップスの前兆が現れたら

グリーン周りのアプローチになるとザックリやトップ、さらにはシャンクなど、目の前にカップがあるのにもかかわらず、上手く寄せられない結果が続くと自然と苦手意識が芽生えて、そのまま放置するとアプローチイップスになってしまう。いったんそうなってしまうと、なかなか払拭することが出来なくなるので厄介だ。今回は“アプローチイップスの前兆が現れたら”という話をしたい。

大きなミスもなくグリーン周りまで来たのに、グリーン周りのアプローチになるとなぜかしっくりこない。そんな感じになるとアプローチイップスになってしまう前兆が現れてきたと考えてもいいだろう。

それでは、どんなタイプの人が陥りやすいのだろう。大別すると次の2タイプとなりそうだ。まずは、ボールを上げたいのに低い球を打つ構えをしていたりするなどのタイプ。イメージと行動が伴わない人が陥りやすい。このタイプは、打ちたい弾道に合わせて構えるのではなく、構えありきで対処しようとするためで、アプローチはこう打たなくてはならないとなっているのが原因となる。

次に、クラブがやる仕事を自分でやろうとするタイプ。クラブの動きより身体で表現しようとする人が陥りやすい。こちらは身体ありきで、クラブの動きを無視して身体をこう動かせばクラブがついてくるだろうといったことが原因となる。

この二つのタイプに共通なのが、ボールを打つのはクラブのフェースであり、そのクラブをコントロールするために構えがあり、スイングがあることを忘れていたり、勘違いしていることである。アプローチだけでなく、どのショットも目的に応じた構え、スイングをしなければならないことが頭に入っていないとアプローチだけでなく、ショットそのものが悪い方向へ動き出すことになるので注意が必要だ。

それでも、どうしても苦手意識が付いてしまっているのでどうにかしたいという人は、パットチップやチップパットから始めるといいだろう。

パットチップとは、アイアンを使ってパターのように構えて打つことであるが、こちらは構えありきのタイプに合うだろう。このタイプは、パターでもこのように構えなくてはならないといった傾向があるため、クラブを変えることでどのように弾道が変化するのかを感じてもらいたい。逆にチップパットとは、パターを使ってチップショットを行うことになるのだが、こちらは身体ありきのタイプに合うだろう。このタイプは、パターで打つことになるので身体の余計な表現がなくなってくることを感じてもらいたい。

それぞれの感覚が解ってきたら、次のステップとしてトップボールを打つ練習をしてもらいたい。やり方は簡単。リーディングエッジをボールの赤道に合わせて打つだけ。当然、弾道はトップボールになるのだが、意図して打っているため、自然とスイングの振り幅はコンパクトになり、コンパクトになったが故にヘッドスピードが緩まず、インパクトがしっかりしてくる感覚が蘇ってくるはずだ。

グリーン周りでバンカーなどのハザードを越えなくてはならない状況とかではなければ、このトップボールでのチップショットだけでも、それなりに寄っていくことになるだろう。

このように、アプローチになると行う動作を変えたり、使っているクラブを変えたりすることで、常に新鮮な感覚を取り入れるようにすることがアプローチイップスにかからないための処方箋になる。アプローチイップスの前兆が現れたら、打ち方を模索するのではなく、簡単にできることを探すことをお薦めする。

最後になるが、アプローチには問題がないが、パッティングにイップスの傾向が現れてはいるようであれば、パターでアプローチするチップパットを練習するといいだろう。チップパットの練習をすることで、構えやストロークにも変化が現れるとともにインパクトが緩まず、しっかりインパクトする感覚が取り戻せるはずだ。

黒田正夫

Page Topへ