ロフトと打点で高低を打ち分けよう。

ロフトと打点で高低を打ち分けよう。

コースに出ると、アップダウンな起伏であったり、風が吹いていたりといった様々な状況下で、意図的にボールを曲げることができることと同様、ボールの高低を打ち分けられるとプレーはとても楽になるだろう。それでは、ボールの高さを変えられるということは、どんなメリットが考えられるのだろう。今回の話は、“ロフトと打点で高低を打ち分けよう。”という話をしたい。

打ち上げや打ち下ろしのホールが繰り広げられる山岳コース、木々に囲われている林間コース、木々がなく、吹きさらしのホールが続くリンクスや河川敷のようなコースはボールが傾斜や風の影響を強く受けざる負えないものとなってしまう。それを攻略するためにも、高い弾道や低い弾道を意図的に打ち分けられることが、コース戦略においてもとても重要になってくる。

高低の弾道を身につけておくことは、自然条件からの影響を如何に減らすことが出来るかといった観点から考えても有利になってくるし、不測の事態からの脱出にも視野の広がりを持てるようにもなるし、中途半端な距離においても距離のコントロールも容易になるだろうから、ぜひチャレンジしてもらいたい。

それでは、どのようにするといいのだろうか。考えてほしいのは、ロフト角の調整と打点の調整の2点。なにかテクニックを習得しようとすると、どうしても打ち方に目が行ってしまうところではあるが、ここではボールとフェースの衝突、いわゆるインパクトに注目してみたい。

まずはロフト角の調整であるが、これは理解しやすいのではないだろうか。ロフトが増えた状態でインパクトすると弾道は高く、ロフトが減った状態では弾道が低くなるのはご存じだろう。

そのためには、フェースを開いたり寝かしたりしてロフト角を増やしておけば高弾道になりやすい。逆にフェースを立てたり被せたりすればロフト角も減って低弾道になりやすくなる。この場合の簡単にできる打ち分け方法は2種類。スイング軸を傾けるかボール位置を変えるかとなる。

次に打点の調整だが、フェース面の中央より上部でインパクトするとロフト角が増え、高弾道になりやすく、下部でインパクトするとロフト角は減る現象になる。これはフェース面の中央より上部でインパクトするとヘッドの上部を押されるため、ヘッド内部の重心を中心にヘッドは上を向こうとするからロフトが増えて高弾道に。逆にフェース面の中央より下部でインパクトするとヘッドは内部の重心を中心に下を向こうとするため、ロフトが減って低弾道になる。

こちらは調整しようとしてもなってしまっているプレーヤーも多いのではないだろうか。ダフったり、トップしたり、極端な状態ではテンプラやチョロになってしまうようなミスは、フェース面上の縦の有効打点を著しく外してしまっているからである。

このようなミスをしないように心掛けることは大切だが、フェース面上の縦の有効打点内においてインパクト出来るようになれば、弾道の高低だけでなく、ラフ、バンカーにおいても打点の調整が出来ることに繋がり、アプローチでのスピン量の調整や打ち出しも容易になってくる。

このような高低に打ち分けるショットにチャレンジするためには、ロフト角の調整と打点の調整の2点は最低限、頭に入れておいてほしい。そのトライ&エラーの中で、ロフト角の調整と打点の調整の2点を融合させたものも意図せず発生してしまうはずだ、その時にミスショットだと判断しないことが大事になる。

その現象は、ロフト角を減らしてフェース上部でインパクトするとどういう弾道になるか、ロフト角を増やしてフェース下部でインパクトするとどうなるのかといった具合も含まれるが、これらすべての組み合わせの検証を進めていくとボールコントロールの面白さが沸いてくるとともに意図した弾道が手に入れられるはずだ。

黒田正夫

Page Topへ