スイングを見直す前にセットアップに気を配る。

スイングを見直す前にセットアップに気を配る。

コースでミスショットが出るとその弾道ばかりに目が行きがちになり、その弾道を治そうとスイングをイジリ回すことに躍起になって収拾がつかなくなる。または、その弾道に合わせたセットアップになっていって、ミスショットを続けなくてはならなくなる。こんな経験は誰しもあるはず。このようなことにならないため、今回は、“スイングを見直す前にセットアップに気を配る。”という話をしたい。

コースに出ると、様々なミスを誘発させられる。特にゴルフ歴が長く、スコアが停滞しているプレーヤーは結果が悪いとすぐにスイングが悪いとなりやすいのだが、スイングに手を付けるのは最後の手段だと考えてほしい。なぜそうなのか。それは、スイング自体は最終的に実行する部分であるからである。

ショットの成否は、スイング次第というのもあるだろう。しかし、それを実行する前にエラーが起きていないかをチェックするのは当然のこととも思える。その当然のことに目が行き届かなければ、成功する確率を自ら下げている愚行となってしまう。そうならないために、まずは直前の行為であるセットアップに気を配ってもらいたい。

チェック事項はグリップ、向き、ボールとの距離、ボール位置、ポジショニングの5項目である。この5項目は、最低限の原則としてチェックしてもらいたい。

グリップは、持ち方はもちろんであるが、グリップ圧もチェックしてもらいたい。それはショットの種類によって手首の動きが重要になってくるからである。シャフトの撓り具合、ヘッドの走りにも影響が出てくる部分であり、それらに直結しているからこそチェックは怠らないようにしたい。

向きは、スタンスの向きと思われがちだが、上半身の向きをチェックしてもらいたい。なぜ上半身なのか。それは上半身の向きに応じてバックスイングしやすいからである。始動で間違えればそのスイングは修正を余儀なくされる。バックスイングがイメージする位置に上がらない、打ち出しが揃わないと感じられているのであれば、肩や胸、腰など飛球線と正対していると認識しやすい場所を探しておくといい。

ボールとの距離は、地面との距離と置き換えてもいいだろう。なぜそうなのか。ボールとの距離というと「身体とグリップとの距離はボール何個入るようにする。」といったことと勘違いする場合もあるようだが、振らなくてはならない高さ=ヘッドを通す高さなどと正しく認識できれば、アドレスの前傾の調整やクラブの長さの調整ができるようになり、トップやダフリが未然に防げることに繋げられる。

ボール位置は、固定するタイプの人もいれば、しないタイプの人もいる。しかし適正なパワーポイントに置かなければ、正しい距離感には繋がらない。若干の距離感のミスで済んでいれば御の字であるが、ダフリやトップの上下の打点のミスだけでなく、打ち出しや曲がり具合にも影響を及ぼすことになるので、しっかりチェックしておきたい。

ポジショニングは、スイングできるバランスで立つという意味でとても重要になる。クラブは偏重心で成り立っており、一度動き出せば大きな遠心力が掛かってくる。スイング中は、その遠心力と拮抗した力を常に保たなくてはならない。コースでは傾斜というアンバランスな場所でバランスよくクラブを振らなくてはならないことを念頭に入れてポジショニングをしておくといいだろう。

このような5つの原則を打つ前のチェックポイントとして最低限守ってもらいたい。これを守るだけでも本来持っているパフォーマンスが出せることに繋がり、加えてスコアを捨ててしまうようなミスを防ぐことにもなるからだ。

黒田正夫

Page Topへ