パターのヘッドとグリップの組み合わせを見直そう。

パターのヘッドとグリップの組み合わせを見直そう。

スコアに直結するパッティングは、結果が思わしくないとストロークに目が行きがちだが、ストロークを見直す前に道具(パター)が自分に合っているのかから見直すことが大事だろう。まずは、長さと重さは最低限チェックしておきたい。そのうえでどうすればいいか。今回は、“パターのヘッドとグリップの組み合わせを見直そう。”という話をしたい。

パターもドライバーと同じで流行があり、直進性重視のマレット型が今は幅を利かせているのだが、上手く打てていない感じがあるなら流行りに乗っかる必要もないだろう。

ただ、その前にチェックしてもらいたいことがある。上手く打てていない違和感がどこにあるかである。ヘッドにあるのであれば、重さを変えてみるか、もっと操作性の合うものに変えることを薦めるが、手元側にあるのであれば、グリップの太さを見直すことで、そのパターを生き返らすことも出来るだろう。

基本的なおさらいをしておこう。操作性のいいマニュアル系のヘッドには細いグリップ、直進性の高いオートマチック系のヘッドには太いグリップが装着されている傾向は知っておこう。

それでは、なぜグリップの太さが違うのだろうか。細いグリップのメリットとしては、指先で持つことになるため、繊細な感覚がクラブに伝わりやすく、手首も使いやすいので操作性や力感(タッチ)に優れている。対して太いグリップのメリットとしては、手のひらで持つことになるため、指先の繊細な感覚が抑えられ、手首も使いにくくなるので、フェース面の安定性に優れている。

つまり、マニュアル系のヘッドには細いグリップが装着されているのは操作性のいいヘッドに操作しやすいグリップの組み合わせであり、オートマチック系のヘッドには太いグリップが装着されているのは直進性の高いヘッドに操作しづらいグリップの組み合わせといった具合に両極端なものとなっていると考えてもらうとわかりやすいかもしれない。

そう考えると、その中間もあっていいのではないかとなるわけだが、はじめからそういう風に装着されているパターも実はある。グリップを交換したり機能を変えたりするのが好きではない人はこちらの購入をお薦めする。

操作性のいいヘッドを使っていて扱いやすいのだが、時折出る方向性や力感(タッチ)の乱れを無くしていきたいと考えるのであれば、グリップを少し太くするのがいいだろう。“少し”が大事で、内巻きのテープで調整してもいいだろうし、太めのグリップに交換しても指先の掛かりのいいピストル型を装着するといい塩梅になりそうだ。

直進性の高いヘッドを使っていて方向性の良さや直進性の高さは気に入っているのだが、あまりにも鈍感でもう少し感覚を取り入れたいと考えるのであれば、グリップを細くするのがいいだろう。こちらは、大胆に細くすることをお薦めしたい。もともと鈍感同士の組み合わせになっているがデメリットと感じているのだから指先の感覚が取り入れられる程度の太さにしていくようにしてもらいたい。

ただし、人によって指の長さも違えば感覚も違うので、少しだけ感覚を取り入れたいと考えているのであれば、グリップの仕方や指先の掛け方などで対応することをお薦めする。

このように、パターのヘッドとグリップの組み合わせを見直すことで自分の感覚と道具であるパターにも協調性が生まれてくる。パターのグリップは、他のクラブに比べ、擦り減る頻度が少ないため、買った当初のまま使い続けている人も多いのではないかと思うが、現在使用しているパターをより良いものに自分流に仕上げたいとなれば、チューンナップを楽しむのがいいだろう。

黒田正夫

Page Topへ