コースで出るクセを生かしたプレーをする。

コースで出るクセを生かしたプレーをする。

コースに出ると悪いクセが出てミスをしてしまう。こんな悪いクセは治そうとしているのだが、上手くいかない人は多い。クセは誰しもあるもの。悪いクセは治す意識が必要だが、そのクセを生かして良い方に仕向けることが出来たらそれはそれで武器にもなる。クセを活かすためにはどうすればいいか。今回は“クセを生かしたプレーをする”という話をしたい。

クセには色々ある。良いクセもあれば悪いクセもある。練習場でも出ているクセは治さなくてはならないものであっても、そうではなくても、把握はしているだろうから、ミスをしても気づいたものになりやすい。しかし、練習場では出ていないクセがコースでは悪さをするものになるので、それに気づけているのかが、スコアメイクにとても重要になることを頭に入れておいてもらいたい。

コースに出ると右や左に向いてしまうクセ。正しく向くことで普段通りのスイングに戻ってミスが出なくなるのであればそれに越したことはない。逆に向きは練習場よりもどちらかに偏っているにもかかわらず、いいショットが出やすい、結果も良いというなら、それを生かした方がいいだろう。

この傾向にある人は、持ち球を持っていて、ボールを曲げていくタイプに多い。フェースコントロールで左や右に曲がっているので、それに合わせて右や左に向いておく場合もあれば、スイング軌道で力を入れて振りやすい方向があるため、それに合わせてアウトサイドインであれば右向き、インサイドアウトであれば左向きといった場合があるので、練習場でもそれを意識しながら練習するとコースでより活かされるものになるだろう。

コースに出ると力感が強くなってしまうクセ。力感が強いということは、スイングやインパクトに力強さがあるということ。飛距離も出るだろうし、スピンもよく入る。バランスが崩れていないのであれば、実戦に強いタイプともいえるだろう。しかし、バランスが保てず、ボールが曲がる、打点がぶれる、スピンが入り過ぎるといったことが起きているようであれば改善するようにしたらいいだろう。

その場合、力を抜くといった引き算方法が取られることが多いのだが、パフォーマンスが落ちていると感じるのであれば、リミッターを超すにはどこまで力感を高めるべきかといった逆療法もいいだろう。リミッターを知り、その限度を超えることがないようにリミッター付近でコントロールしていいのであれば、どこまで足していいのかということになるので、コースでも練習場でも、いつでもどこでもショットする際は必ず、全力で素振りしてリミッターを探るようにすることをお薦めする。ただし、条件がある。ただの滅茶振りにならないためにも、バランスを崩さないことだ。バランスを崩しては、インパクトが歪んでしまう。インパクトが歪んでしまっては、せっかくのパフォーマンスが悪い方向に行ってしまうことは頭に入れておくべきだろう。

コースに出るとやったことがないことをやろうとしてしまうクセ。当の本人はテクニックを使っているとも知らず、練習場でもやったことがないテクニックをやってしまう。それが多くのミスに繋がっているにも関わらず、時折上手く打てて、かつ結果が思った通りになってしまう場合があり、それが成功体験として刻まれることになるのだから、やりやすい方法のひとつであり、イメージも持ちやすいメリットが出てくる。ここで問題なのは、成功率が低いことだ。つまり、成功率を上げていくためには練習が必要だということ。練習しておけば、やったことがないものではなく、伝家の宝刀にもなりえるわけだから積極的に取り入れるようにするといいだろう。

このように、一見悪いクセのようでも視点を変えれば長所のようにも見えてくる。ミスを治すことも大事だが、ミスを生かすことで自らのゴルフの創造性が豊かになるのであれば、ゴルフはもっと楽しいものになるだろう。

黒田正夫

Page Topへ