コントロールショットの成功は素振りの工夫にあり。

コントロールショットの成功は素振りの工夫にあり。

コースに出るとフルショットばかりではない。コントロールショットをする確率の方が多いはずだ。そのコントロールショットにあたって、どんな準備をしているだろうか。その準備は理にかなっているだろうか。距離感と方向性が求められるコントロールショットだからこそ、イメージよく行いたいものだ。今回は、“コントロールショットの成功は素振りの工夫にあり。”という話をしたい。

コントロールショットは、フルショットと違い、振り幅やヘッドスピードのコントロール、さらにフェースコントロールも求められる。そのためには、それぞれの手法に合った準備を行うべきだろう。その準備のひとつとして素振りがとても重要になる。プロや上級者の中にもフルショットでは素振りをしない人は多くいる。しかし、アプローチなどコントロールが必要なショットは実打の確認作業を行う上で必ず素振りを行っているのだ。それだけコントロールショットは難しいものだと考えたほうがいいはずだ。

素振りをしっかりと行うことは、コントロールショット成功への布石になってくるだろう。前述した3つの手法を用いた時の弾道は、それぞれ、振り幅=距離、ヘッドスピード=推進力、フェースコントロール=高さに置き換えられる。コントロールショットを行うにあたり距離と方向が合えば、どの手法を用いても構わないし、組み合わせてもOKだ。どの手法が自分にとって成功に導いていくことなのかが大切だ。

それでは、どのように素振りを行うようにすればいいだろう。例えば、グリーン周りの場合、ピンや落としどころを見て素振りして距離感を作るのが良いとされ、それで問題なく距離と方向が合うのであれば、より精度が上がることに繋がっていくよう、しっかり素振りでイメージを膨らませるのがいいだろう。

上手く距離感が掴めない人は、何段階かに分けて素振りを行うようにしていくといいだろう。コントロールするということは調整することになるわけだから、素振りも何段階かに分けて調整するほうが距離感を掴みやすくなるかもしれない。

その素振りの工夫だが、例えばピンがバンカー越えに立っている場合、まずはバンカーに入れるくらいだとこれくらい、越えるくらいだったらこれくらい、グリーンに乗せるのだったら、ピンをオーバーさせるのだったらといった具合に何段階かに分けて素振りをしていくと距離感は合ってくるはずだ。この方法は加算する方法だが、減算する方法でもいいだろう。減算というと緩める感覚になりやすいのでタブーだという人もいるが、本番で固まりやすい人や力感が強くなりやすい人などは、試してみてもいいかもしれない。適度に力が抜けていい感じになるようだったらマイ・セオリーとして実践することをお薦めする。

この素振りの効果をより感じられるようにするためには情報の分析が必要だ。距離や高低差、起伏や硬さなど、予測されるものをしっかり調べ上げて分析することだ。縦距離というのは、水平距離に高低差を予測して打つので実際の距離とは違ってくるもの。分析する際、ボールとターゲットを縦に結ぶより、横から見たほうが距離感は掴みやすくなるだろう。カートに乗って移動する場合やグリーンで距離を測る場合なども横から見るポジションとしたい。

コントロールショットは、磨けば磨くほど距離の穴がなくなるわけだが、はじめから点でやろうとしないことだ。まずは、エリアで考えて、そのエリアを小さくしていくといいだろう。エリアも左右前後あるので、手前の半径だけに囚われず、ターゲットに対して円周や大きなカップと考えてそのエリアにボールをポジションできるようにしていくことが大事だろう。素振りにひと工夫加えることで、技術は変わらなくても距離感の精度は変わってくる。そうすれば、コントロールショットの打ち方に悩む必要はなくなるだろう。

黒田正夫

Page Topへ