アプローチは弾道の高さを揃えて距離感を磨く。

アプローチは弾道の高さを揃えて距離感を磨く。

せっかくグリーン周りまでボールを運んだにもかかわらず、そこからショートやオーバーをしたりして、スコアをまとめることができないといった悩みがあるゴルファーは多いだろう。原因は距離感が悪いということは解っているので、様々な打ち方を模索することになるのだが、火に油を注ぐ結果になってしまっているのであれば、弾道の高さに着目することを薦める。今回は、“アプローチは弾道の高さを揃えて距離感を磨く。”という話をしたい。

コースでアプローチの距離感が悪く、寄らなかったり、乗らなかったりする日はスコアも思ったようにはなっていないだろう。当然、風や傾斜の読み間違いで距離のジャッジをミスったり、ボール位置やアドレスでの体重配分が揃っていなかったりすれば、距離感は合わなくなるのだが、その原因が打ち方に問題があるのでは?と着目しやすくなり、いろいろやってみたくなるものだ。しかし、根本的にスイングする前にエラーが出ていては、プランが成り立たないことになるのだからスイングを疑う前に、いま一度チェックしてみるといいだろう。

スイングする前のエラーがなくなれば、距離感のミスを大幅に減らすことができることになる。そこから、さらに距離感を良くしていこうと考えた場合、弾道の高さを揃えることに尽力するということが必要だ。

アプローチの弾道の高さを揃えるにあたり、まずは現在使用しているウエッジのロフト角とバウンス角のチェックをしてみるといい。それは自分が使っているクラブの角度を知らないのでは、どのくらいの高さが出るものなのかも分からないことになるからだ。

グリーン周りでの主力となるピッチングウエッジ、アプローチウエッジ、サンドウエッジの3本のロフト角は最低限、頭の中に入れておきたい。近年は、ロフト角が表示されているウエッジが多くなっているが、アイアンセットに沿った、いわゆる“セット物”と呼ばれるウエッジは、AとかSとかの表示になっているので、その場合はカタログなどでロフト角が何度になっているのかを調べるようにしたい。

道具の角度が分かったら、高さを揃えるにあたり、3段階のスイングで、それぞれどのような弾道の高さになるのかチェックしてみることだ。3段階のスイングとは、ハーフショット、スリークォーターショット、フルショット。振り幅が大きくなるにつれ、ヘッドスピードが上がり、スピン量も変わり、最高到達点も変わってくることになるだろう。

それぞれ、その高さで飛んで行った場合、どれくらいの距離になっているかをチェックすると距離感を作るうえでの目安になってくるはず。この場合、できるだけ構えた時のロフト角をインパクトで再現するように努めるとより具体的になってくるだろう。

次に、この3段階のスイングに対して、どのようなアレンジを加えていくと、よりシビアな距離感が出せるようになっていくかを工夫してみよう。まずは、ヘッドスピードの調整と入射角の変更を試してみるといいだろう。3段階のスイングに対して、もう少しスピードを上げてあげたほうがいいのか、それともスピードを落としてあげたほうがいいのかといったようにスピードを調整したり、アドレスの体重配分を左右どちらかに多めに配分するように変えることで入射角を変え、インパクトロフトを増減させると、弾道の高さがどう変わり、どう距離が変わるのかをチェックしたりすれば、距離感のレパートリーも増えるだろう。

それでも弾道や距離のバラツキがどうしてもあるようであれば、ウエッジの重さやバウンス角、ソール幅やリーディングエッジの形状を見直すことを薦めたい。特に練習時間があまり取れないのであれば、テクニック重視のウエッジを選ぶのではなく、ミスの傾向を補ってくれるものを選ぶことで、弾道の高さを安定させることを優先し、それとともに距離感を得るようにすればいいだろう。

黒田正夫

Page Topへ