スイートスポット(芯)で打てば飛んでいく。

スイートスポット(芯)で打てば飛んでいく。

ゴルフクラブでボールを打つにあたって、コンスタント且つ最大限の飛距離を出すにはヘッドの重心とボールの重心を如何に効率よく衝突させるかということに尽きる。スイングを作るうえでは、絶対に外せない条件であり、それが出来ればスイングの姿形はどうであれ、気持ちよくボールが飛んでいく。今回は、“スイートスポット(芯)で打てば飛んでいく。”という話をしたい。

物体には必ず重心があり、クラブヘッドも然り。しかし、クラブヘッドの重心はヘッド内部にあり、見ることも触ることも出来ない。唯一、クラブヘッドの重心が分かりやすいのが、フェース面上にある重心位置、いわゆる“スイートスポット(芯)”となる。このスイートスポット(芯)で打った時にボールの初速は最大となるのだが、クラブの特性によってもこの位置が変わってくるため、事前にチェックしておくことをお薦めする。

ザックリしたチェック方法としては、フェースを上に向けるようにクラブを持ち、その面上にボールを弾ませて一番弾く場所がスイートスポット(芯)になる。それでも分からない場合は、雑誌等で特集されている時があるので逃さずチェックしてもらいたい。

スイートスポット(芯)といえば、フェースの中央にあると勘違いしやすいが、例えば、ドライバーの場合、スイートスポット(芯)の高さだけでなく、フェース中央付近に芯があるモデルと、芯の位置がヒール側に偏っているモデルとに分かれていることを知っていると自分のクセを生かせるものになるだろう。

スイートスポット(芯)の高さは、低重心化が進んだ現在でもフェース中央付近から若干上に位置するものになるが、この位置より上部でインパクトするとスピン量が減り、下部だとスピン量は増えることになる。これを“縦のギア効果”というので、スピン量が多すぎて吹き上がってしまう現象であったり、スピン量が少なくてドロップしてしまう現象が起きているようであれば、それぞれスイング中の打点の位置の見直しを図るといいだろう。それでも改善されない場合は、自身のインパクトポイントに合ったヘッドに交換することをお薦めする。

それでは、なぜ芯の位置がヒール側に偏っているモデルがあるのか。それは、捕まりを良くするためのメーカー側の工夫といっていい。大型のヘッドになると重心距離が長くなる傾向になり、ヘッドが返りにくくなる傾向になってくるが、芯の位置をヒール側に寄せることができると重心距離を短くすることができ、ヘッドを返しやすくなるメリットが生まれるとともに、フェース中央付近でインパクトした時に“横のギア効果”により、ドロー回転が掛けやすく、高初速にもなりやすいので、結果飛距離アップが期待されるものになる。

ヒール寄りのヒットでもスライス回転で飛距離をロスすることが少なくなるので、スライサーにとっては、こういったモデルを選ぶと違った結果が出るだろう。逆に捕まり過ぎてしまうとか、左に行きそうで怖いと思うフッカーは、フェース中央付近に芯があるモデルを選びたい。そうすることで、捕まえにいっても左に大きく曲がることなく、最大限に叩けるメリットが出てくるだろう。

このように、クラブヘッドにも重心特性があり、各メーカーの設計コンセプトが見えてくるものとなっている。ゴルフクラブは、ヘッドの特性だけではなく、シャフトの特性(スリーブやソケットを含む)やグリップの特性も含まれての物になるだろうし、さらに自身のスイング特性も重なってくるため、フェース面上のスイートスポット(芯)の位置だけが分かってもといったところではあるが、唯一インパクト時のボールとの接点であり、クラブの重心が見える部分がフェース面上のスイートスポット(芯)になるわけだから、そこに導けるスイングを目指していくのが本望だろう。

黒田正夫

Page Topへ