グリップの位置の影響を考える。

グリップの位置の影響を考える。

曲げないようにしていたとしても意図せず曲がってしまっているようであれば、スイングを疑う前にアドレス時のグリップ位置にズレがないかを確認するといいだろう。本来あるべきニュートラルなポジションにないとそのあとのスイングにも影響を与えていくことになる。スイングする前からエラーが出るとどうなるか。今回は、“グリップの位置の影響を考える。”という話をしたい。

グリップの位置は、グリップの持ち方によって変わってくる。俗にいうフック&ストロンググリップであればあるほどグリップの位置は飛球線方向に位置し低めにセットされ、ウイークグリップであればあるほど身体の中心線もしくは飛球線後方に位置し高めにセットされる傾向になる。つまり、それぞれのプレーヤーのグリップの仕方によってグリップの位置は変わる。それとともにスイング中のクラブを入れ替えるタイミングやローテーションの量も違ってくることをまずは認識してもらいたい。

基本的に、個々の骨格に沿って持ち、これをニュートラルな状態でのグリップとした場合、グリップの位置を上下左右に意図的にズラすことで、それぞれどのような効用をもたらすのだろうか。

まずは、ニュートラル位置から飛球線方向にズラす、いわゆるハンドファーストにした場合、持ち方やフェース面を変えたりしなければ、必然的にシャフトも飛球線方向に傾き、フェースは開くことになる。このような場合、飛球線に沿っていつもと同じスイングすればクラブを入れ替えるタイミングもズレ、フェースの戻りも同時に遅れやすくなり、インパクトではヒールヒットになり、通常スライス回転の弾道になってくる。

また、フェースが開いているとおり、フェース裏面に沿ってインサイドにクラブを引いた場合、基本的にはプッシュ系の弾道になりやすいが、フェース面よりも軌道が勝れば右に打ち出されてから左に戻るフック回転の弾道になってくる。さらにハンドファーストにしたことで左肩が開いた構えになり、上半身のラインに沿って振ったのであれば、左に打ち出されて右に戻るスライス回転の弾道になってくる。

逆にニュートラル位置から飛球線後方にズラす、いわゆるハンドレートにした場合、前述したハンドファーストにした場合とは逆の効用となる。ただし、ハンドファーストやハンドレートに構えてフェースを開いたり閉じたりしていても、クラブを入れ替えるタイミングを早めたり遅らせたり、ローテーションを積極的に行ったり、抑えたりしてコントロールした場合は、また違った結果になってくることも付け加えておきたい。

次にニュートラルな位置からハンドアップやハンドダウンした場合、どのような効用となるのだろう。ハンドアップもしくはハンドダウンにすると手首の関節に影響を及ぼすことでライ角にも変化が現れることになる。

ハンドアップにした場合、必然的にシャフトも垂直方向に傾き、ヒール部が浮くことになり、フェースは開くことになる。手首の関節が伸びた形になるため、スイングにおいては前腕のローテーションが必要となる。逆にハンドダウンにした場合、トゥ部が浮くことになり、フェースは被ることになる。手首の関節がコックした状態になるため、スイングにおいてのローテーションは少なくなり、関節の伸縮が主体となる。

このように、グリップの位置を変えることにより、クラブの動きと起こりうるハンドアクション、そして予測される弾道を理解することで、よりスイングに幅ができ、様々な状況やクラブの特性にも対処できるようなるので、ぜひ試してもらいたい。逆にグリップの位置がスイングする前からエラーの状態になっているとボールを曲げないようにしていたとしても意図せず曲がってしまうことにも繋がってしまうので、その時はアドレス時のグリップ位置がニュートラルな位置になっているかを確認してみるといいだろう。

黒田正夫

Page Topへ