右手のグリップはスイングをどう変える。

右手のグリップはスイングをどう変える。

右手は悪さするので握らないようにするといったこともよく聞きますし、グリップというと、左手(右打ち)の方だけが注目されることが多いのですが、実際には左手一本でクラブを振るわけではないので、右手(右打ち)の持ち方も工夫するとさらに両手の感覚が良くなり、スイングのレベルアップが図れることになる。今回は、“右手のグリップはスイングをどう変える。”という話をしたい。

左手のグリップについては、ウイークやスクエア、ストロングやフックといった骨格に沿った持ち方によるものから、ロングサムやショートサムといった左手親指の押さえ方、さらにパームやフィンガーといった手のひらや指にはどのように接触させるのかを事細かく紹介されているのだが、右手については、オーバーラッピングやインターロッキングといった小指の絡め方や中指と薬指といった指先で持ち、引き金を引く形(トリガー風)になるといいといった具合に左手に比べると付属的な情報になっている。

ゴルフを始めた時やミスをしてしまった時に耳にしてしまう、“スイングは左手主導で右手は添えるだけ”や“右手を使うから失敗する”といった言葉やアドバイスも固定観念を生んでいる可能性もあるだろう。

右手が利き手であきらかに右手が優位性を持っていて左手が負けてしまうくらいであれば、左右の手のバランスを考え、使わないくらいにした方が手首も柔らかく使えてよいといったことや手首が動かないほどしっかり握ってしまわないようにといった利点になるのであればそれに越したことではないのだが、パンチ力が足りない、ヘッドスピードが上がらない、飛距離が伸びないといったことで悩んでいて、試してもいない状態で、言われるがまま右手を使わないようにしているようであれば、右手は本当に使ってはいけないのか、いま一度検証してみるべきだろう。

まずは、どのようにすると右手が効率よく使えるようになるのだろう。右手のグリップにもウイークやスクエア、ストロングやフックといったグリップに対する呼称がある。左手とは逆で手のひらが下を向くように上から抑え込むように絞り込んだ感じで持つのがウイークグリップ、手のひらが上を向くよう下から支えて持つのがストロングやフックといったようになっている。

このように右手にもグリップの持ち方によって呼称は変わるのだが、右手にも左手同様に骨格があるので、その骨格に沿って持つと振りやすいと感じる場合と左手と合掌した状態にした方が振りやすいと感じる場合があるはず。自分の骨格が分からない場合は、自然体で立って両手をだらりと下げて調べるといいだろう。その時の腕の形が骨格となるわけだが、その状態で右手だけでグリップしクラブを振ってみて、振りづらいようであれば、そこから徐々に振りやすいように微調整していくといい。

グリップにも左右の手にそれぞれの役割があるので、必ずしも両手は合掌しなくてはならないということではない。骨格に沿ったグリップをした場合、合掌せずに互いの手が絞り込んだ型になる場合も出てくるはずだが、振りやすければそうなっていてもOKだ。

それでは、右手のグリップはどのように振り方をかえるのだろう。右手のグリップがウイークになっている場合、右前腕部が回内している状態のため、ひじが高く上がるトップになりやすく、アップライトなスイングに適している。逆に右手のグリップがストロングやフックになっている場合、右前腕部が回外している状態のため、ひじが身体に近い低く収まるトップになりやすいく、フラットなスイングに適している。このように右手のグリップの仕方によってもトップの位置は変わり、スイングの形態も変わってくる。

左手主導でのスイングに限界を感じているようであれば、右手も上手に使えるようにしてみるといいだろう。今まで使っていなかった右手が伝家の宝刀となる可能性を秘めているかもしれない。

黒田正夫

Page Topへ