繋げるポイントを探る

繋げるポイントを探る

ゴルフのスイングは姿・形だけでも幾通りのものがあり、それに伴うゴルフ理論が存在する。クラブも様々な人に対応するために様々なものが用意されている。そのためには、お互いのパフォーマンスを発揮できるポイントを持っておくことが大事だろう。いつまでもゴルフは楽しむために、今回は“繋げるポイントを探る”という話をしたい。

クラブは自動的に動くものではない。しかしクラブは一度動きだすと慣性の力が発生する。そのために身体の動きがあるわけだが、スイングの始動時、おもにテークバックとなるが、クラブに慣性の力を働かせるようにすることがとても大事になる。この時にできるだけクラブと身体が同調しながらスムーズに上げられるかかがカギとなる。初動が乱れるとそれ以降の動きがさらに乱れやすくなるため注意が必要だ。それでは、どのようにテークバックを行えばいいのだろうか。

まず頭に入れておきたいのは、クラブヘッド、グリップ、身体の運動量は違うということ。外側にあるクラブヘッドの運動量は速く、大きくなり、それに比べ中心部である身体の運動量は遅く、小さくなるということなのだが、速く動くクラブヘッドに後れを取らないように、遅く動く身体を先行させるようにした方がいいのか、大きく動くクラブヘッドを先に動かしておいて、小さく動く身体が追随していった方がいいのかによって、それ以降のスイングに対する考え方も変わってくるだろう。

大事なことは、どこに意識があるとスムーズにクラブと身体が動き出すかということ。クラブヘッドの重心でもいいし、フェース面をボールから離していくでもいいし、グリップを上下左右いずれかに反動動作をつけてもいいだろうし、肩や体幹、腰や足を先に動かしながらでもいいだろう。

そのポイントが解っていれば、始動が出来ず、アドレスで固まってしまうようなことは起きず、すべてがいいタイミングで同調させながらスタートできることになるだろう。

クラブが動き出したら、クラブの動きを阻害しないような腕の動きがあり、その腕の動きを邪魔しないような上半身の動きがあり、さらにその上半身の動きを促すような下半身の動きがあればいいトップまで導くことが出来る。ダウンスイングからインパクトにかけての運動連鎖は、下半身から上半身、腕、そしてクラブといった順番でクラブヘッドまで繋がっていくのだが、自分の感覚と実際に行われていることにズレがあってはならない。

例えば、いくら下半身を積極的に動かして下半身リードでスイングしているつもりなのに振り遅れてヘッドスピードが出ない、ボールがバラついているといった現象が起きているのであれば、下半身のオーバーワークになっていないか、動かしているポイントがズレていないかチェックすることが重要だ。

下半身を動かし過ぎて、その他の部分が追いついていないのであれば、下半身の動きはいったん横に置いて、上半身の動きをチェックした方がいいだろう。トップの型を作ったら切り返しからハーフダウンまでを繰り返してもらえれば解ってくると思うが、腹筋や背筋などの体幹や肩や胸郭などの骨格の動きを意識しながら動かし、どこが連動するポイントなのかを探っておきたい。

チェックする場合、過剰な動きは控えめにし、ポイントのズレはそのポイントの近くまたは逆サイドに意識を持ってみるといいだろう。さらに、その際に下半身から繋げたらよいのか、それとも上半身の動きに連動して下半身を動かしたらよいのかもチェックしておくといいだろう。

上半身の体幹や骨格が使えているのであれば、その先にある腕を確認しながら、どんどんポイントを繋げてクラブヘッドまで繋げていきたい。こうすることによって、ある部分だけを強調しすぎることなく、全体のバランスが整ってきて、無理無駄のないスイングになるだろう。

黒田正夫

Page Topへ