ワンショットごとに検証するクセをつける。

ワンショットごとに検証するクセをつける。

1番ホールのティーショットから18番ホールのカップインまで、人それぞれ、ラウンドごとに様々なドラマがあるだろう。OBになったり池に入れたりといったミスもあれば、ドライバーが今日イチで飛んだとかアプローチがチップインしたとか、はたまたホールインワンをしてしまったとか。しかし、その場を一喜一憂するだけになってしまってはいけない。その成功体験を上達に繋げるにはどうすればいいのか。
今回は、“ワンショットごとに検証するクセをつける。”話をしたい。

コースに出ると、ワンショットごとに状況が違ってくる。その状況下で最善と思われるショットのプランを立て、それを実行していくわけだが、プランの立て方が大雑把になればなるほどミスをした時の度合いも大きくなってしまう。どうしてそのようなミスになってしまったのか。ミスをしたのであれば、本来はそのプランにミスはなかったのかから検証しなくてはならないはずだが、距離しか確認しておらず、猪突猛進で攻め込むようなことだけになっていると本当のミスが何か解らず、スイングだけのミスにしてしまう可能性がでてくる。

もし、そうなってしまった場合でも、結果に基づいてフィードバックしていき、もう少し情報を取り入れるべきだと考えるといいだろう。そうすれば、結果が良かった時でも、なぜうまくいったのかも考えられるようになって、結果オーライも少なくなっていくだろう。それでは、どういった事項をフィードバックしていけばいいのだろう。

まず、ボールの弾道がどういう軌跡を描いていったかを目に焼き付けることだ。いいショットでも悪いショットでも弾道を検証することから始めるといいだろう。なぜ、そうしなくてはならないのか。それは、ボールは打つまではその場所にとどまっているが、ボールの挙動は自分が動作した結果から生まれるからだ。

次に直近の動作確認をすること。これはインパクトでクラブヘッドとボールがどういうコンタクトしたのかといったことなのだが、コンタクトした場所には打痕が残っており、その打痕を確認することで、物理的にどこに当たったか、そしてどのように打ち出されて、曲がっていったのかを検証できる。これらの物理的な現象を飛び越えて、最初からにスイング動作に関しての詮索をしてはいけない。

スイング動作に異常が出ていると感じているようであっても、セットアップにズレが生じていないかの検証が先である。向いている方向やボールの位置、ヘッドを通す高さは合っているのかといった原則が守られていたのか。さらに、足元の傾斜や風、距離のジャッジ、クラブ選択など環境条件からの読み込みに間違いがなかったのかなどの検証を行っていく。このように、結果に基づいてフィードバックできるようになってくれば、発想を逆転させればプロセスに基づいて予測もできるようになってくる。

どんなショットにも結果があり、プロセスがある。結果だけを見て、運も実力の内だけでは、自分の実力は推し量れるはずがない。本来はもっと実力があるのに、そのポテンシャルを十分発揮できないような成長では、その後のプレーも楽しみ半減といったところになってしまうだろう。

実力はまだついていないにも関わらず、いい結果がついてきているのであれば、自信に繋げるとともに、そのいい結果に過信せず、なぜいい結果となったのかを検証していくことで本当の実力を推し量れるようになってくるだろう。そして、さらにミスをなくすために考えて練習することで、できなかったこともできるようになっていき、成長に繋げられればゴルフの楽しみ方も変わってくるだろう。

このように、ワンショットごとに検証作業を行ながら、結果に基づいてフィードバックしていく力とプロセスに基づいて予測していく力のどちらも養って、いいサイクルにしてプレーできるようにしていくことが大事となる。

黒田正夫

Page Topへ