クラブセッティングを見直す。

クラブセッティングを見直す。

クラブは14本までキャディバックに入れることはできるが、クラブセッティングを整えるにあたって、クラブという武器に何を求めているのかを考えてセッティングしているだろうか。ただ単純にロフト合わせや重量合わせ、流行りだからなどになっていないだろうか。もう一歩進んでセッティングを考えたい。今回は、“クラブセッティングを見直す”という話をしたい。

クラブセッティングに無頓着ではいけない。ロフト合わせや重量合わせ、見た目やシャフトのマッチングなどもとても大事な要素ではある。そういったものを整えるに越したことはない。しかし、コースに行って、打ちたい球筋や距離のクラブがなかったり、苦手なクラブが入っているようであれば、見直す必要があるだろう。

クラブセッティングを整えるにあたっては、自分のミスの傾向を探ることから考え、そのミスを最小限に防ぐといった用途を考えながら整えていってもらいたい。

例えば、ティーショットに不安がある場合、その不安要素の中身が飛ぶけど曲がるのか曲がらないけど飛距離不足なのかでも変わってくる。飛ぶけど曲がってしまうタイプは、短尺やロフト多めのドライバー、ストロングロフトの3Wなどティーショット専用のクラブを入れるとコースのレイアウトにも対応できるだろう。曲がらないけど飛ばないタイプは、思い切ってドラコン専用の長尺ドライバーを入れても面白い。飛距離だけに特化するのでティーショットが楽しくなりそうだ。

距離のあるセカンドショットやショートホールでミスが出やすい場合、キャリーでグリーン手前のハザードを越えて、なおかつグリーン奥まで転がり落ちない弾道が打てるかどうかが見極めるポイントになるが、もともと弾道が高いタイプは、ロフトの立ったウッド型UTやアイアン型のUT、弾道が低いタイプは、3Wを抜いて7Wや9Wを入れたり、5Iや6Iを抜いてUTを入れたり、ストロングロフト型のアイアンとコンポしたりして、できるだけ簡単に高い球、止まる球が楽に打てるクラブを揃えておきたい。

FWが苦手なタイプは、UTを多めに入れることを薦めたいが、この時にFP値に注目したい。FP値が大きいと形状はいわゆる出っ歯型になり、球を拾いやすくなるのだが、ロフトが少ないUTはFP値大きめ、ロフトが多いUTはFP値は少なめにするといいだろう。

100Y以内のショートゲームに難がある場合、フルショットやコントロールショットなのか、グリーン周りのアプローチなのかでもセッティングは変わってくる。フルショットやコントロールショットのいわゆる縦の距離感が上手くいかないタイプは、PWの下にロフトピッチを詰めたクラブを入れると加減が少なくなってコントロールショットも容易になり、グリーンをヒットできる精度を高められるだろう。特にストロングロフトのアイアンを使用しているのであれば必須となる。

グリーン周りが上手くいかないタイプは、苦手なシチュエーションを簡単にクリアできるエキストラクラブを入れるといいだろう。砲台グリーンや速いグリーンに対して高さで止めたいのであれば、ロフト角60°以上のロブウエッジを薦める。バンカーが苦手であれば、バンカー専用のお助けクラブとしてソールが広くてグースネックのSWを入れるとフェースを開いたりのテクニックを使わずとも簡単に脱出できるだろう。花道やライのいい所からトップやダフリといった上下の打点ミスが多いようであれば、パター感覚で打てるチッパーを入れておくといいだろう。

このように、距離や球筋、打点においてのミスがどんなシチュエーションで起きているのだろうかと考えるとクラブセッティングが見えてくる。本数に制限がなければ様々なシチュエーションを考慮してクラブを入れられるのだが、ルール上、14本までに制限されているクラブセッティングはなんとも奥が深いものだ。

黒田正夫

Page Topへ