コースではクラブの角度が変わることを知ろう。

コースではクラブの角度が変わることを知ろう。

クラブごとにどれくらいの飛距離が出るのかは、コースに出るにあたり、知っておかないといけない条件となっているが、練習場の距離をそのままコースに持ち込んだままにしてしまうことのないようにすることが大事。平らである練習場と起伏のあるコースでは、セットアップした段階においてクラブのロフト角に違いが出ることになる。今回は、“コースではクラブの角度が変わることを知ろう。”という話をしたい。

コースでグリーンを狙うにあたり、ヤーデージ杭などによる測定されている距離に対して傾斜や風などを含む想定される距離には違いが出てくることは知っているだろうか。その想定された距離に合うクラブ選択ができていないと縦の距離感が合わなくなり、スコアを維持するのが困難になりやすくなるとともに、スイングも乱れてくる原因にも繋がってくるのでしっかりジャッジできるようにしておきたい。

なぜ、コースでは飛距離が変わってしまうのか。それは、コース上の傾斜により、クラブをセットアップした段階において、弾道の高さをつかさどるロフト角や弾道の捕まりをつかさどるライ角に影響が出てしまうからだ。当然、風にも左右されるのでこちらも頭に入れておくことだ。

傾斜には、左足上がり・左足下がり・つま先上がり・つま先下がりと4種類ある。当然ながら、複合された傾斜もコースでは存在することになるが、ここでは大別してそれぞれの傾斜でどのような影響が起きているかを理解していってほしい。

まずは、左足上がりだが、傾斜が右足寄りに傾いているため、セットアップ段階においてもロフト角が増えるので打ち出し角が通常よりも増えることになる。その結果、弾道が高くなるため、ショートアイアンでは飛距離が落ちやすい傾向になってしまう。弾道が低くなりやすいロフト角が少ないクラブ、例えばミドルアイアンではさほど影響はないとも考えられ、逆にキャリーが伸びて飛距離アップになる可能性さえもある。

次に左足下がりだが、傾斜が左に傾いているため、こちらもセットアップ段階にすでにロフト角が減っているので、打ち出し角が通常より減ることになる。その結果、ショートアイアンでは弾道が低くなり、飛距離が出やすくなる傾向も考慮しなくてはならない。弾道が低くなりやすいクラブにおいては、キャリー不足で飛距離が出づらくなる傾向になるので注意が必要だ。ただ、落下角度が浅くなるためランが出やすくなることも頭に入れておかなくてはならない。

つま先上がりについては、傾斜が踵寄りに傾いており、セットアップ段階においてライ角がアップライトにさせられてしまうため、クラブフェースが左を向きやすく、通常よりも捕まった弾道になりやすい。ロフト角が多いクラブになればなるほど左へのミスに注意が必要だ。逆にロフト角が少ないクラブは、それほど影響を受けないことになる。

つま先下がりでは、傾斜がつま先寄りに傾いており、セットアップ時においてライ角がフラットになりやすくなるため、クラブフェースが右に向きやすく、通常よりも捕まらない弾道になりやすくなる。ロフト角の少ないクラブになればなるほど捕まらない傾向が顕著に表れるため、ロングショット時においては、特に注意が必要だ。

このように、コースでは傾斜が存在しているため、アドレス時のクラブのロフト角やライ角にも影響が及ぼされる。そのようなことが打つ前に起きているということを知っているか否かによって選択は変わってくるだろう。

測定されている距離と想定される距離は違いやすいもの。正しくクラブ選択をするためにも、まずはボールがどのような状況に置かれ、どのような角度になっているから、このような弾道になるだろうといった予測を頭に入れながらプレーすることをお薦めしたい。

黒田正夫

Page Topへ