弾道調整機能でスイングとクラブは生き返る。

弾道調整機能でスイングとクラブは生き返る。

新しくウッド系のクラブを購入したくて試打しているけどけれど、「いまひとつ合わないなぁ~?」と感じているようであれば、無理に使ってスイングを壊すより、今現在使用しているクラブの弾道調整機能をうまく使ってミスを軽減もしくは補正してもらうようにして、スイングにも自信を蘇らせるとともに、お蔵入りになりそうだったクラブも生き返らせるようにしましょう。今回のお話は、“弾道調整機能でスイングとクラブは生き返る。”です。

現在主流のクラブには、弾道調整機能いわゆる“カチャカチャ”と呼ばれる機能がドライバーを主体にウッド系のクラブに搭載されています。この便利な機能を正しく使うことでクラブの気持ち悪さを解消できる可能性があります。

クラブはヘッド、スリーブ、シャフト、グリップの4つの部位で成り立っています。それぞれの部位には基本性能が存在します。そしてスイングは、人それぞれ特徴のあるものとなりますが、これは、ゴルフクラブの基本性能によっても変化していきます。つまり、クラブとスイングは共存しているものであると考えるのがいいでしょう。

クラブを選ぶ際、クラブの基本性能を無視して購入した場合は、いくら弾道調整機能が付いていてもスライサーがフッカーになるほどの大きく補正できる機能は存在しないことも頭に入れておいてください。ですから、クラブの基本性能が自身のスイングに合っている中で、微調整を加えるといったことで、気持ち悪さを払拭し、自信を持ってスイングできるようにしていくことを目的としてください。

今はメーカーからの広告宣伝だけでなく、SNS等でクラブヘッドとシャフトの特徴や相性を知ることが出来ます。ヘッドやシャフトによって、捕まりやすいのか捕まりづらいのか、ボールが上がりやすいのか上がりづらいのかなどの基本性能の情報も手に入れることが出来ます。ですが、購入する前には必ず試打を行って基本性能を感じるようにしましょう。

人それぞれスイングの特徴、言い換えればスイングの基本性能があるので、お互いのいいところが消されず、足りないところは弾道調整機能を含めて補充できれば大きな武器を手に入れることが出来ます。クラブのヘッドで調整できる機能は、メーカーによって様々ですが、ロフト角、フェース角、ライ角、重心距離、重心深度、重心高といったものが微調整できるようになっています。

例えば、スライスに悩んでいるけれど、フェースが左に向いているフックフェースは違和感があるといった人は、ロフト角を増やしたり、ライ角をアップライトにしたり、重心距離をネック寄りに調整することで捕まり具合を補正することが出来ます。

シャフトも交換すれば、タイミングを取ることが容易になるとともに捕まり、弾道の高さ、入射角を調整することができるとともに、ヘッドの挙動も変わります。今までのヘッドの基本性能が調整してもいまひとつ合わなかったとしても、シャフトが変わることでガラリと変わることも多いので、純正シャフトからカスタムシャフトへの変更も頭に入れておいてください。

純正のシャフトは、各シャフトメーカーがコンペで競って最適なものを提供してくれています。いわば、現在の純正シャフトはカスタム化しているといってもいいでしょう。ですから、試打する際は純正シャフトから試してみて、重さや長さ、タイミングを確認しながら調整していくといいでしょう。

このように、ヘッドの基本性能に微調整を加えることで自分好みにできるとともに、重さや長さ、タイミングのあったシャフトを工房に頼まなくても短時間で調整や取り付けができるメリットは計り知れないものになりますので、お蔵入りさせる前に積極的に試してみましょう。クラブが生き返るとともにスイングも良くなって気持ちよく振り切れることで飛距離や方向性のアップにも繋がってきます。

黒田正夫

Page Topへ