クラブのグリップは交換しよう。

クラブのグリップは交換しよう。

ゴルフクラブを使用するにあたり、あまりに無頓着すぎるのもどうかなぁといったゴルファーを見かけます。
使う前から、クラブヘッドに乾いた泥が付いたままだったり、シャフトに錆が浮いていたりといったものは問題外ですが、グリップがツルツルだったり、カチカチになっていたり、凹みがあったりでは、打つ前から良いショットは望めないでしょう。ゴルフクラブのお手入れはゴルファーとしての流儀といっていいでしょう。
今回は、“クラブのグリップは交換しよう。”というお話です。

グリップは身体とつながる唯一の接点になっているため、一番気を使わなくてはならない部分であると考えていいでしょう。汗や汚れがあるとツルツルになってきたり、年数が経ってくると硬化してカチカチになったり、しっかり目に握る人やグリップの仕方がズレている人、ミスヒットの多い人は力の入った指のところだけが凹んできたりします。

そのまま使用していると、ツルツルしている場合は滑らないよう、しっかり握ってしまうため、手首や腕に力が入りすぎてしまいますし、カチカチになってくるとシャフトが棒みたいに感じられたり、シャフトに捻じれ(トルク)が掛かったときにグリップが破れてしまったりする場合もあります。凹んでいる場合はまだしも、指をかけるところに穴が開いてきたりしていたらインパクトの衝撃をもろに受けて指を痛めるかもしれません。

どちらにせよ、いいスイングができなくなる予兆になりますので、不調にならないようにするためにも交換時期かな?と思ったら即交換するようにしましょう。

プレーヤーごとに手の大きさや指の長さ、掌底や指先の力は当然ながら違います。さらに、硬さや太さの好みも違います。つまり、合わない太さや硬さである握り心地の悪いグリップは、例え、まだ使用できる範囲であっても交換をお勧めします。交換したことにより、握り心地が変わるということは、振り心地も変わるということに繋がるわけですから、ナイスショットに導く、第一歩として手元から見直してみましょう。

グリップを交換をして、握り心地を変えてスッキリしたら、振り心地の変化を感じてみましょう。硬めのグリップを装着するとシャフトも硬く感じ、インパクト感もソリッド感が出てきます。スイングテンポが速い人にも合いそうです。

逆に柔らかいグリップを装着するとシャフトの手元が特に柔らかく感じられ、間がとりやすくなったり、インパクトもマイルドに感じられるようになります。

装着の際、太さを変えることで曲がりを予防することもできます。太くすればフック防止、細くすればスライス防止にもなりますので試してみましょう。自分でグリップを交換することも可能ですが、お近くの大手量販店であったり、ゴルフ工房を活用してクラブのお色直しをしてみましょう。いつも使用しているグリップでもいいでしょうし、色や素材を変えてもいいでしょう。

いつも使用しているグリップであれば、安心感が戻ってくるでしょうし、色や素材を変えることで、シャフトがカラフルになったり、握り心地がさらに良くなったりして自分なりの一本にどんどん近づいていきます。

色は、戦闘モードになったり、冷静沈着になったりします。ファッションの一部と考えるとともにプレーの手助けとして好きな色を選ぶといいでしょう。素材もラバー系(ゴム)だけでなく、樹脂系の新素材を試すのもいいでしょう。樹脂系は、様々なグリップパターンがあるため、雨や汗にも強いうえ、握り心地も柔らかくなっているものもあります。さらに、シャフトの捻じれ(トルク)を軽減してくれることでミスヒットにも強くなっているものもあります。

このように、硬さを太さ、色や素材によっても同じクラブでもまったく違うクラブになります。たかがグリップと思わずによく吟味すれば、ちょっと合わない?といったクラブも気持ちよく振れるものに変身させることが出来ます。

黒田正夫

Page Topへ