タイムコントロールを意識しよう。

タイムコントロールを意識しよう。

ゴルフプレーに際し、自分一人のプレーではなく、同伴プレーヤーのプレーをも尊重しながらプレーすることが出来るようになれば、誰しも楽しくプレーできるものとなります。しかしながら、自分の事で精一杯になってしまうことが多々あることでしょう。それでは、どのようにプレーすることがいいのでしょう。今回のお話は、“タイムコントロールを意識しよう。”です。

ゴルフは基本的に複数でプレーするもの。つまり、プレーするにあたり、タイムコントロールが出来ないプレーヤーは嫌われるプレーヤーになります。なぜ嫌われるのか。それは、相手に気を配ってもらいながらも、自分ひとりだけ時間を使ってプレーしている状態になっているのが多いことが共通点でしょう。

知らず知らずのマナー違反は、一緒にラウンドする方に我慢をさせています。それよりも、我慢をさせていることに気がつかないのが一番の罪かもしれません。調子が著しく悪いとか初心者であるとかであれば、その日だけは大目に見てもらえる事柄かもしれませんが、これがいつも続くようですと誘われなくなってきます。

同伴競技者とのプレーしながらの楽しい時間はとても気持ちのいいものです。しかしながら、その行動が許容範囲を越え、同伴競技者のみならず、後続の組を含めたコース全体のプレーヤーにリズム&テンポよくプレーしてもらえないようになるくらい、時間をコントロールすることに意識がいっていないのであれば、ただの時間泥棒になってしまいます。そうならないためにも、プレーする時間の配分に気を配ることは、プレーヤーとしての責務と考えることが大事になってきます。全体の進行するプレーの速度に合わせることが出来ない、もしくは、要領が悪く、結果としてプレーが遅延してしまうことにならないようにするためにはどのようにすればいいでしょう。

タイムコントロールを意識できないプレーヤーは、自分がスイングする事柄以外のプレーに際しての心構えであったり、準備であったり、雑務であったりが解っていないことが原因です。ゴルフは、スイングしてボールを打てればいいといったくらいの器量しか持ち合わせていないのも問題ですし、同伴競技者のショットが終わってから自分の準備に入るようにしなければいけないなどの間違った解釈を持っているようでしたら直ちにやめましょう。

ショットとショットの合間は、すべてのプレーヤーの準備時間になります。プレーする番でなくても相手の邪魔にならないようにしながら、打つ準備を進めておくことが無駄な時間を作らないコツになります。ゴルフ場でプレーするにあたり、どのような事をしなくてはならないのかを事前に頭に入れておくことは必須事項となります。

セルフプレーが増えて、ゴルフというスポーツの敷居が低くなり、プレーしやすい環境が整ってきたことは確かです。その環境はとても気楽に、カジュアルにゴルフを楽しめるものとなっているのですが、逆に、誰しもがプレーヤーとしての資質を試されていることに繋がっているとしたらどうでしょう。

セルフプレーを選択しプレーするということは、自身のプレーに際して、プレーヤーとしての責務を果たしつつ、他のプレーヤーに配慮ある行動が出来ているかといったことが求められることになるのですから、マナーのひとつであるタイムコントロールを意識することは、プレーヤーとしての成熟度が試されているといってもいいでしょう。

黒田正夫

Page Topへ