ボール選びで総合力アップ。

ボール選びで総合力アップ。

クラブの進化は目覚ましいものがあり、広告は常に新しいクラブに満ち溢れています。この進化したクラブ以上に進化しているのは、実はボールではないでしょうか。クラブと自分のプレースタイルに合ったボールも選ぶことが、飛距離アップもさることながらショートゲームの縦の距離感も合って、スコアをも大幅に縮めることも視野に入れることができます。今回のお話は“ボール選びで総合力アップ”というお話です。

クラブを選ぶ場合は、自分に合ったクラブを吟味し選ぶようにしている人でも、これと同様にボール選びも慎重に行うところまではいっていないのではないでしょうか。有名メーカーを選択しておけばくらいの気持ちでもそれなりにはなるでしょうが、クラブという道具にこだわりを持つならば、ボールも組み込んで総合的に判断することが望ましいでしょう。

それでは、どのような基準でボール選びをすればいいのでしょうか。まずは、クラブに合ったボール選びをするのか、自分のプレースタイルに合ったものにするのかといったことから入るといいでしょう。

クラブに合ったボール選びをするところから入っていくと、大手メーカーのクラブを使用している場合、そのメーカーで発売しているボールを試していくのがいいでしょう。メーカーも新しいクラブを製作する過程において必ず試打テストを行います。その試打テストで使用されているボールはそのメーカーで発売されているボールを使用しつつ、データを取って、更なる調整しているわけですから合わないことはないはずです。クラブの良さを最大限に発揮させやすいボール選びと言ってもいいでしょう。

ただし、これはボールも発売しているメーカーのクラブを使用しているからこそ出来るのであって、ボールを発売していないメーカーのクラブを所有の場合は、どうすればいいでしょう。これは、クラブに合うボール選びという観点からすると地道に探すしか方法はありません。
それらのメーカーも試打データを取りつつ、製作をしているわけですから必ず合ったボールが見つかるはずです。

次にクラブを選んだところまではいいのですが、クラブと自分のプレースタイルに合ったボールも選ぶことも重要です。いくらメーカーがよいクラブやボールを製作しても最終的にはロボットではなく、人間が介在するので、数字に表れない様々な感覚がプラスされます。

感覚はズレやすいので数字をメインで考えるという人もいれば、感覚をある程度信用して、感覚に合ったものを取り入れるという人もいます。これが、自分のプレースタイルに合ったものにする方式を取る理由のひとつにもあげられるでしょう。

ボールには、スピン系・ディスタンス系・その中間(第3のボール)がありますが、スピン系は、コアが硬めで表面が柔らかめ、ディスタンス系は、コアが柔らかめで表面が硬めとなり、第3のボールはいいとこ取りのボールといったところでしょうか。ボールを選ぶ時にヘッドスピード別で選びがちですが、ヘッドスピードだけではなく、打ち出しやスピン量も考慮に入れて選ばれるのがいいでしょう。

ヘッドスピードは早いがスピン量が多めの人は、ディスタンス系も試してみましょう。曲りが少なくなり弾道が安定して飛距離がコンスタントに出せるようになる可能性があります。逆にヘッドスピード遅めでスピン量が少ないタイプの人はスピン系を選ぶとキャリーが増えて飛距離をUPさせることに繋がる可能性もあります。

ただし、ボール選びは、飛距離だけではない所が難しい部分ではあります。パッティングやアプローチでも打感や打音、実際の転がり方や止まり方など全体のバランスを確認しつつ、総合的な判断となりますので、クラブ選び同様に吟味して選ばれることが良い結果(ショット、スコア)に繋がることになります。

黒田正夫

Page Topへ