刻むときの失敗しないクラブ選び。

刻むときの失敗しないクラブ選び。

コースマネジメントを覚えるための一歩として、攻めダルマ的に一本調子で攻めるだけでなく、“刻む”べきところは刻むといった押し引きのメリハリのある勇気を持つことが大切でしょう。しかしこの“刻む”が意外と落とし穴になったり、エアポケット状態で何気なくやってしまって墓穴を掘ることはよくあることです。今回は失敗しないための“刻むときの失敗しないクラブ選び”というお話です。

コースでは、狭いホールであったり、距離が多く残ったり、林やマウンド、ホール形状でブラインドになっていたりすることで直接狙えなかったりした場合、得意な距離を残すべく、“刻む”ことを選択するかまたは選択せざるおえない状況に置かれることになります。
この時、何気なくプレーすると大ケガをする場合がありますので、クラブ選びから慎重を期すことをお薦めします。

まずは狭いホールでの刻むべきクラブ選択ですが、左右のどちらにペナルティエリアが存在するのかを見極めましょう。FWを選択するのであれば、左が危ない場合は3W、右が危ない場合は5Wというようにしましょう。UTやミドルやロングアイアンを使用する場合も同様です。クラブの特性である掴まり具合を加味してクラブ選択を行うようにしましょう。

次に距離が残った場合の刻むべきクラブ選びですが、残った距離を2分割して同じクラブで2度打つことも考えてみましょう。事前に練習しておきましょうといった考えですが、無理やり飛ばさなくてもいいので自ずと短いクラブの選択となるのですが、しっかりしたショットを2本揃えることになるので、自信のあるクラブ選択をしてください。

通常ですとこの状況でよくあるパターンは、ロングホールの2打目となることが多いので、FWやUTを持つことの方が多いと思いますので、ライや傾斜、左右の状況を鑑みてクラブ選択をしてください。

林の中からのクラブ選択は、木々の隙間の広さと地面の状況をしっかり考えましょう。木々の隙間は左右上下ともに考えるべきで、特に右側にある木に当てることが多いので注意が必要です。なぜ右側にある木に当てやすいのか。木々の枝が垂れている場合が多いので低い弾道を打とうとボールも右に置きがちです。そのため、フェースが戻りきらず右に打ち出されやすくなる場合と左の木に当てまいと右を向いてしまう場合があるので、間違って木に当たってしまった場合、何が原因で当たってしまったのか確認してから次の事に当たりましょう。木に当てた後はパニックになりやすいので、ひと呼吸置くのにも役立ちます。

クラブ選択は大きく振ることが出来ない状況であったり、ミドルアイアンを選びがちですが、地面が荒れ地やラフであったりする場合が多いのでUTを選択することをお薦めします。振りはコンパクトにしっかりしたインパクトで斜めに遠くに出すようにしましょう。

マウンドがあったりする場合は、傾斜からのショットが要求される場合が多いので、クラブを短く持ってバランスが崩れない程度の力感で振るようにしましょう。左右上下の極端な弾道になりやすいので高さを出して越えるのか抑えるのか、左右の曲りを相殺するのか生かすのかでクラブ選択が変わってきますのでしっかりした見極めが必要です。

ホール形状でブラインドになっていたりする場合は、飛び過ぎは突き抜け、飛ばなさ過ぎはブラインドから抜け出せないことになります。そのため、何ヤードから何ヤードまでのエリア内ショットなのかをしっかり見極めなくてはなりません。この場合、ボールを意図的に曲げられるとかなり楽になるので、それぞれのクラブの捕まり具合や振り感も考えて飛び過ぎを警戒しながらも少し曲げながら攻めていくことをお薦めします。

このように“刻む”にしてもなんとなくではなく、しっかりした考えを持ってクラブ選択を行うようにすればピンチが次へのチャンスになることになるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ