ボール位置に操られない。

ボール位置に操られない。

ボール位置に操られない。直径4.27cmのボールをどこに置くことが正解なのか。ボール位置については、ボールを操ることになるのか、または操られることになるのかくらいに大事なことにもなるのですが、あまり重要視していないようでしたらスイングを壊してしまう前にしっかりマイルールを作っておきましょう、今回のお話は“ボール位置に操られない。”です。

大袈裟な話ではなく、ボール位置に対して無頓着であったり、思い込んでいたりすることで、インパクトポイントにズレが生じて、ボールが曲がったり、飛ばなかったりが起きていたらどうでしょう。そして、そのズレをそのままにしておくことがスイングを壊してしまうことに繋がり、グリーンまわりでのスイングアークの小さいスイングに至っては、ザックリやトップといった大きなミスを誘発することにも繋がっていくことになります。最初はボール一個分のズレくらいかもしれませんが、結果が伴わなくなってくると、その怖さから最悪イップスになってしまうこともあるくらいですから、ボール位置についてはシビアに考えても損はないでしょう。

ボール位置については、昔から2つの考えがありますが、どちらが正解ということではなく、合う方を選んで欲しいので必ずチェックしてください。ひとつめは、“ボール位置を一定にする”という考え方、もうひとつは、“ボール位置を変化させる”という考え方になります。ボール位置を一定にするといった考え方にも2つあり、左足かかと線上にボール位置は一定にする場合と、スタンス中央に置くようにする場合があります。

いずれにせよクラブが短くなるにつれ、スタンスの幅を狭めていく方式となります。左足かかと線上にボール位置は一定にする場合、ドライバーなど長いクラブに関しては、肩幅程度のスタンス幅であっても上半身が開いて構えることになってしまうため、クローズドスタンスにして上半身の開きを修正し、捕まえられるようにしています。逆に短いクラブに関しては、捕まりすぎないようオープンスタンスにして構えるようにしていきます。

スタンス中央に置くようにする場合、ドライバーだけはティーアップしている関係上、その高さに合わせて徐々に左寄りにセットされることになりますが、それ以外の地面にあるボールに対しては、スタンス幅が変わっても、常に胸の正面にセットされることになるので上半身の向きのズレなどが少なくて済むメリットがあります。

このように、ボール位置は一定でありながらもスタンスの幅だけでなく、クラブの特性を踏まえつつ、自身の構えを変化させる方式にもなるので身体の向きやスイング軌道、入射角に注意が必要となります。

ボール位置を変化させるといった考え方は、スタンス幅はほとんど変わらず、そのスタンス幅の中でボール位置を変化させる方式になります。クラブの特性や環境条件、打ちたい球筋に合わせてボール位置が決定されることになるため自身のショットに対する考え方が色濃く反映されるものとなります。ドライバーだからボール位置はこの位置でなくてはならないといったことではないので、弾道の調整が容易になるメリットがあります。

どちらの方式もメリット、デメリットは生じます。しかしながら、コースに出たら自分のインパクトポイントに合ったボール位置と環境から要求されるボール位置の摺り合わせは必ず行わなくてはなりません。練習場でどの方式が合うのかをチェックしておいていただき、コースでは、その方式にどのようなアレンジを加えることが良いのかを考えるようにしていきましょう。

コースの環境条件も考えず、クラブの特性や身体のバランスも考えず、単にボール位置だけを優先し、ミスしたらスイングのせいにしているようではボールに操られています。しっかり自身の考えが伝えられるボール位置を確立させ、ボールを操られるようにしていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ