アイアンの方向はバーチカルラインを利用しよう。

アイアンの方向はバーチカルラインを利用しよう。

コースの行くとどこを向いているのか分からなくなる人もいるでしょう。特にアイアンになると顕著に現れるということがあれば、身体のラインで合わせるだけでなく、クラブヘッドの合わせ方が間違っていないか、フェースがターゲットに向いているのかを今一度チェックしてみましょう。今回は、“アイアンの方向はバーチカルラインを利用しよう。”というお話です。

アイアンでターゲットに合わせる時、クラブヘッドのリーディングエッジやスコアライン、トップラインといったところで合わせることが多いのではないでしょうか。これらすべてのラインは、飛球線に対して直角(スクエア)に合わせる物差しとなりますが、アイアンのシャフトからのネック形状がグースネックになっていたり、番手別のヘッド形状によっても変わって見えることがあると思います。

そのため、メーカーによっては、一番下のスコアラインに白線を採用したり、グースの形状からトップラインの流れに工夫がされていたりして、プレーヤーがターゲットにフェース面を直角に合わせられるようにしてくれています。しかし、これはあくまでも飛球線(平行)に対して直角に合わせられるのかが大切になるわけですが、これが上手くいかないようでしたら、バーチカルラインで合わせることをお薦めします。

バーチカルラインとは、スコアラインが横のラインとすれば、スコアラインの両端を縦に結んだラインを指します。つまり、ターゲットにフェース面を直角に合わせるために横のラインを使うのではなく、縦のラインを使いながらフェース面全体をターゲットに向けていく方法を用いることになるので、よりフェース面を感じられるようになります。

利点としては、フェース面が大きくても小さくても、ネックの形状がグースネックでもストレートネックでも、トップラインのブレードの厚みが厚くても薄くても、さらに番手が変わっても、ほとんど影響を受けないということ。アイアンはフェース面が平面なため、プロモデルからアベレージ用に至るまで、フェース面をターゲットに向けやすくなります。

直角に合わせることが苦手な人は、バーチカルラインの平行な線が飛球線を含め、3本線としてターゲットに向かっていると考えてもらえれば合わせやすくなることでしょう。この手法の考えは、パターのトップラインにアライメントに必要な様々デザインが施されていることと同じ効果もあると思われますので、パターの方向合わせにトップラインのアライメントで合わせているようでしたら、慣れるのも早く、違和感なく構えられるようになるでしょうからぜひ取り入れてみてください。

ちなみに、リーディングエッジ合わせの人でシャフトからの流れでネック形状をストレートに見せようとする傾向になるとフェースを開いて構えることになります。ネックの形状もグースが強ければフェースが開いているのも分かりやすいのですが、グースが弱い、いわゆるセミグースと呼ばれるアスリート系のアイアンになるとその傾向になりやすいので注意が必要です。

ただし、持ち球がドロー系であるのであればあえて修正する必要もないでしょう。トップライン合わせの人でトップブレードをターゲットに合わせて直角になるように向ける傾向があるため、ヒールとトゥの頂点を合わせる形になるのですが、やり過ぎるとフェース面が被ってしまうことになる場合があります。

トップラインのブレードの厚みが厚かったり、ネックの形状が強いグースであったり、フェース面が面長であったりすれば、フェースの被り感は少なくなるので、こちらもフェード系の持ち球であるならば修正する必要はないでしょう。クラブに仕事をさせるにあたって、ターゲットにフェースを向けるということは必ず必要になります。平行(バーチカルライン)と直角、どちらに自分の感性が偏るかが解れば方向に悩まなくなります。

黒田正夫

Page Topへ