打ちたい場所にフォーカスしよう。

打ちたい場所にフォーカスしよう。

コースでは、プレー時間よりも考えている時間が長くなります。この時にどのような考えでプレーするかでプレー内容が変わってきますが、OBやハザードばかりに気を取られているようですとプレーが萎縮してしまうことに繋がります。そうならないためにはどうしたらよいでしょうか。今回は、“打ちたい場所にフォーカスしよう”というお話です。

コース慣れしていない人で、初めてプレーするコースとなると視野も狭くなりがちで、レイアウトを観察する時間的な余裕もなく、打ち終わった後や次打地点に来てから分かることもあるので、なかなか上手くいかないことの方が多いのではないでしょうか。コースマネジメントを行うにあたり、コースの罠を見破らなくてはいけません。

この時に打ってはいけない場所の情報をしっかり確認することは、危機管理上、重要なことですが、その場所を気にするあまり、そこに吸い寄せられるようにボールが行ってしまうことはよくあることです。そうならないためには、設計者の意図を汲むための観察が必要になるわけですが、プレーする時間以外の時間をいかに有効に使えるかが大事で、この部分の技量を伸ばすためには多くの経験が必要になります。

つまり、コースでプレーする時に常に観察が必要であり、その観察を基に戦略を練り、トライ&エラーを行っていく中から精査し、経験を踏んでいくことが大事になってきます。

その経験を踏むにあたって、OBやハザードばかりに気を取られているようでは進歩がありません。「OBや池に入れたくない」や「林には入れたくない」など、打ちたくない場所にフォーカスするのではなく、「あの木に向かって打つ」や「グリーンの右サイドのマウンドに向かって打つ」など、“打ちたい場所にフォーカス”するように仕向けるべきです。

すぐ近くにOBやハザードがあったとしても、“打ちたい場所にフォーカス”し、そこに打っていける勇気や技術があるかどうかを試すにも絶好の機会であると考えてもらうとプレーに際しての集中力も増すのではないでしょうか。

結果、その一打がそうならなくても次打にまたチャンスがあるわけですから、何度もトライ&エラーをしていくようにしていくことで、それに対する工夫がなされるようになってくることで、克服できつつある、または克服できたことが増えていることもプレーしていて実感できるようになってきます。そうすると、プレーの質が良くなり、さらなる上達に結びつくことになります。

それでは具体的にどのようにしていけばいいのでしょうか。まず危機管理をとして、打ってはいけない場所の情報をしっかり確認できたら、その情報を基にどこに打っていけばいいのかに考えをシフトしましょう。次に自分が打ちたい場所をフォーカスする作業となります。どこに打つのかを決める作業ですが、具体的に絞り込むようにしていきましょう。

自分が打ちたい場所をフォーカスできたら、プレーする準備が着々と整えられます。そこに集中するように自分の目の焦点も合わせて、そこに集中するようにしていきましょう。その時にどんな弾道でいくのかも重ね合わせられれば、他の情報がさらに遮断され、自身のイメージも鮮明になってくるはずです。

最後に、危機管理することによって、OBやハザードが気になって考えがシフト出来ない人は、「池越えを狙うけど池に入れたくない」や「バンカーを避けてフェアウェイに打とう」など、ネガティブ且つ曖昧な指令を身体に送る傾向がありますので、単純に自分が打ちたい場所をフォーカスのみを行うことから始めましょう。「あれ、そこにOBがあったの?」なんて言葉がいい意味で発せられたら100%ターゲットにフォーカスできている証拠です。

黒田正夫

Page Topへ