シンプルなテクニックを磨こう。

シンプルなテクニックを磨こう。

基本的なスイングが身についたら、アドレスやボール位置、クラブの使い方等のセットアップを少し変えて、どのような弾道変化が現れるのか試してみましょう。コースでは、様々な状況下でのショットが要求されます。その状況に合わせたボールを打てるようにしていくためにはどうすればいいのでしょうか。今回のお話は、“シンプルなテクニックを磨こう。”です。

スコア90を目指すゴルフは、自身の基本的なスイングを壊されないよう、コースの状況に合わせた素直なボールを打つことを心掛けることが大事です。“~なり”でプレーすることで、チェックポイントを多くさせず、ミスショット時の修正を図れるようにしておくことが優先されます。

その際にその状況下での“~なり”でプレーした弾道が平らな練習場で打ったものと、どのような違いがもたらされているのかを観察しておくと、その後の上達におおいに役立つものとなります。ここで、コースから要求されていることに素直に従わず、自分勝手にプレー中のスイングを大きく変化させることを行っているとミスショットした時の修正が図れなくなって、基本的なスイングを自ら壊していく作業になっていくので注意が必要です。スコア90以下に入ってきたら、その状況に合わせた“~なり”のボールが打てるようになってきているはずなので、自身の希望する弾道に調整するためのシンプルなテクニックを磨いていきましょう。

シンプルなテクニックとは、上下左右に弾道を少し調整したい時に用いるもので、コース上のプレーにおいて大きなウエートを占めるものにもなります。シンプルなテクニックでは基本的にスイングを変える必要がなく、セットアップやクラブによって変化させるものになるので、大きくズレることがなく、ミスした場合でも原因が分かりやすく、修正も施しやすいものになります。

それでは、シンプルなテクニックを行っていくためにはどうすればいいでしょう。まず、少し弾道の上げ下げをしたいといった時のテクニックですが、目線を打ちたい高さに変えることで、アドレスの体重配分を変えたりするタイプ。クラブフェースを寝かしたり立てたりしてロフト設定を変えることで、グリップの仕方やその支点を変えたりするタイプ。ボール位置を左右に変えることで、クラブフェースの縦のギア効果を使うタイプなど、通常の入射角や最下点を敢えてズラすことで、スイング軌道上のどこでインパクトを迎えることが自身にとってやりやすい手法なのかを探りましょう。

紹介した手法は、アプローチの要領をロングショットに応用したものなので、アプローチ時に普段どのようにボールの弾道をコントロールしているかを紐解いてみるといいでしょう。

今度は、少し弾道を左右に曲げるといった時のテクニックですが、上半身の向きを変えることで、飛球線に対してのスイング軌道を変えるタイプ。フェースの向きを閉じたり開いたりすることで、フェースアングルを変えるタイプ。ボール位置を遠近に変えることで、ライ角を変えるタイプなど、こちらもどの手法が自身にとってやりやすい手法なのかを探りましょう。

今回紹介したテクニック以外にも手法はたくさんあります。テクニックとは“意図してミスする”ことなので、不調時においても欠点を補うだけでなく、ズレの修正やスイング調整にも繋がります。ですから、できるだけシンプルに行うことを前提に行なうようにしていくことが望ましいでしょう。

このように、シンプルなテクニックをひとつでも持っていれば、木々を避けていきたい、傾斜や風と相殺させたい、中間距離のコントロールがしたいなど、スイングは難しく考えずに、ボールをコントロールすることが出来るようになります。ただし、忘れてはいけないことがひとつあります。それは、チョイスするクラブによってもそれぞれに特性がありますので、その特性も踏まえつつトライすることが大切になります。

黒田正夫

Page Topへ