ヒジを上手く使おう。

ヒジを上手く使おう。

ゴルフのスイングにおいてヒジの使い方が上手くいく人とそうでない人では、飛距離や方向性といったゴルフにおいて重要なファクターが揃わないものになりやすくなります。つまり、飛距離か方向性のどちらか、もしくはどちらもといったハンデを背負っていることにも繋がります。そうならないためにも、ヒジの使い方は上手くなりたいものです。今回のお話は“ヒジを上手く使おう”です。

ヒジを上手く使うということは、ヒジの向きであったり、伸縮であったりといったことを管理することになるわけですが、スイング中だけでなく、スイングする前においてもチェックしておかなくてはならないポイントになるのでしっかり習得しておきましょう。

まずはグリップする段階においてヒジの向きがどちらに向いているかチェックしておきましょう。チェック方法は簡単です。姿勢よく立っていただいたら両腕をダランと下げてください。この時にヒジの向きがどのようになっているかを確認してください。これが自然体の位置となります。個々人によって腕のネジレ具合が違うため、ヒジの向きが微妙に違うことになりますが、関節を正しく伸縮させるためにも自身のヒジの向きをチェックしておきましょう。

次にアドレス時のヒジの向きですが、これは身体への添え方によっては変わってしまうこともあるので注意が必要です。添え方は、簡単に二分すると脇腹や胸に沿えるように横からプレスするタイプと胸の上に乗せて縦にプレスするタイプがあるので、どちらがやりやすいのかを見極めましょう。横からプレスするタイプはヒジを外に張るように使い、縦にプレスするタイプはヒジを内に絞り込むように使う傾向があるので、個々人においてグリップした時のヒジの向きが若干変わったり、ヒジの間隔にも幅があることを頭に入れておいてください。

最後にスイング中のヒジの向きですが、前述したアドレス時のヒジの添え方によってもスイング中のヒジの使い方は変わってきます。バックスイングにおいて、横からプレスするタイプはヒジを外に張っているため、ヒジは身体の外に外れやすくなる傾向になるので、体幹を横に使いながらフラットに振る傾向にある人は同調しやすいといえるでしょう。逆に縦にプレスするタイプはヒジが身体の内側に入りやすくなるため、体幹を縦に使いながらアップライトに振る傾向にある人は同調しやすいといえるでしょう。当然、体幹とヒジの使い方の傾向が合っていなくても問題はないのですが、自身のパフォーマンスを確認する意味でもチェックする必要はあるでしょう。

どちらにせよ、トップが安定した状態からダウンスイングに入ることが重要になるため、ある程度の枠の中にヒジの向きが収まっているようにはしておくことが安定感に繋がります。トップでのヒジの高さは体幹の使い方や肩甲骨の柔らかさもありますが、出来る限り高くする方が飛距離には繋がります。この時に脇が大きく開いた形になる場合がありますが、両ヒジの間隔が保たれているのであれば問題はありません。よく脇を締めて使おうと、特に右ヒジを体側から離さないようにしようとする人がいますが、これはヒジを身体に付けているだけでスイングの妨げにしかならない勘違いとなりますので、こちらは注意が必要です。

ダウンスイングにおいては、左ヒジが浮くとクラブが寝ることになり、右ヒジが浮くとカット軌道になりやすいヒジの使い方になりますので、身体と腕を同調させながらヒジの向きを元の位置に戻すよう伸縮させていきましょう。そうすれば、プレーンに沿ったクラブの使い方が期待できるほか、フェースローテーションの管理も手先に頼らず行えるようになります。ヒジの使い方はアドレスを作る作業においてもスイングにおいてもショットを成功させる重要なファクターであることは間違いありません。

黒田正夫

Page Topへ