ボールの見方でスイングを操ろう。

ボールの見方でスイングを操ろう。

ミスショットをすると、よく「ボールをよく見ろ」といったアドバイスをもらうことがあると思いますが、ボールのどこを見ていればいいのかが、よく分からない人は多いのではないでしょうか。ナイスショットや意図した球を打ちたいと思うならばボールの見方はとても大切になります。今回のお話は“ボールの見方でスイングを操ろう”です。


ゴルフでは、自分の好きなところに置いてプレーすることができます。つまり、ボールを操るためにはどこに置くとイメージ通りの弾道になるのだろうと考える発想があるとさらに面白くなってきます。さらに、ボールの見方によってスイングの様々なことが変えることができるようになったら、打ち出される弾道のコントロールもさらに容易になってくること間違いなしです。ただし、スイング中は、ボールを凝視するものではなく、漠然と見るものになるので、スイングする前にピントを合わせておく作業が必要になります。

インパクトは、ボールの重心とフェースの重心のぶつかり合いとなります。動いているクラブヘッドのフェースのどこに当てるといいのかを考えるのと、止まっているボールのどこに当てようとするのか、自身のピントをどちら、またはどこに合わせるかは、インパクトを安定させるためにも、とても重要なポイントにもなります。そのためには、見方を覚える前に見え方を覚えるようにしましょう。

なぜ、そうしないといけないのか。ゴルフはクラブの長さや、傾斜やライ、打ちたいショットによって、ボールを前後左右にズラされたり、ズラしたりしながらプレーすることになります。つまり、見え方を覚えていないと、ボールとの距離感であったり、身体の向きであったりを変えられてしまうことになるからです。そうならないためにも、まずは両足を揃えてボールを自身の真ん中(みぞおち)に置き、どのように見えるかから始めてみましょう。

使用するクラブは一番近くに立てるものとしてパターから始めてみましょう。パターの場合、ボールの位置が目の真下になりやすくなります。この位置から始めてクラブの長さが変わるごとに距離が変わり、ボールの見え方が変わってくることを覚えましょう。目安を作るためにもネームを真上に向けておくのもいいでしょう。ボールの手前の面が徐々に見えるようになってくるはずです。ボールの見え方が変わらない人は、前後のバランスの崩れ、特に長いクラブになればなるほど、つま先に体重がかかり過ぎていく傾向になるので注意が必要です。

次に、ボールの見え方がクラブの長さによっても変わることが解ったら、今度は左右の見え方を覚えていきましょう。ボールを左に動かしていくと右側面、右に動かしていくと左側面が見えてくるはずです。ボールの見え方が変わらない人はボールが左右にズレているにも関わらず、自身の真ん中(みぞおち)をボールに合わせているため、身体の向きが変わってしまっていることに気付かないことになるので注意が必要です。

自分に対してボールを前後左右にズラしていくとどのように見えることが正しいのかが解ったら、それぞれのクラブでどのように見えるようになるのかを試してみましょう。ドライバーのボール位置は自分との距離が一番遠くて、一番左にあることになるので、ボールの右手前側面が見えることになります。そうなると、クラブの軌道はインサイド、入射角は鈍角からのアタックになってきやすくなります。そのようにボールの見方を変えることでスイングを操ることに繋がります。

スイング中は、ボールを凝視しつづけると身体は動かなくなるのでする必要はないのですが、スイング前にピント合わせは必要になるのでどのように見るようにするかを大切にしましょう。さらに、それを敢えてズラすことが出来るようであれば、曲げたり、上げたり、転がしたりとボールコントロールはよりイメージとおりに行うことが出来るようになります。

黒田正夫

Page Topへ