手首を使いこなそう。

手首を使いこなそう。

スイング中は手首を使わないようにといった教えがありますが、ヘッドスピードを上げるためには必要な動きと捉えた方がいいでしょう。ボールを投げることから考えてもヒジが伸びて、手首がスナップされることでボールがリリースされる動きが必然であり、飛距離不足と感じているようでしたら、ヘッドスピードを上げるためにも、抑えるのではなく、まずは積極的に取り入れてみましょう。
今回のお話は、“手首を使いこなそう”です。

スイング中の手首の使い方が上手くいかず、クラブの挙動を抑えようとグリップ圧を高くしたり、使わないようにしていませんでしょうか。または、手首は使ってはいけないという教えを守りすぎていないでしょうか。使い過ぎているのであれば、状況に応じて抑える必要があるわけで、必要最低限の動きが出来ているのであれば使っている、使っていないといった感覚の捉え方になるので問題はありません。ただ、「使ってはいけないもの」くらいの考えで、意図的に使わないようにしているのであれば、それは問題になる可能性が出てきますので、まずはしっかり使い切ることから始めてみましょう。

手首を含めた関節を使わないようにするということは、クラブの運動量が少なくしていくことに繋がるわけですが、身体のポテンシャルが非常に優れて高いものを持っているのであれば、ロングショットについては、クラブの運動量が多くなり過ぎてしまったりすることを嫌って、手首の意識的かつ積極的な動きはあえて行わないようにしてもいいでしょう。飛距離不足を感じている人であれば、手首の動きに着目するといいでしょう。

手首の動きには縦と横の動きがあります。縦の動きを“コック”、横の動きを“ヒンジ”と言いますが、横の動きは“スナップ”といった方が分かりやすいのではないかと思います。“スナップ”で分からない場合は、埃や煙を横に払う時の動きを想像してもらえるといいでしょう。

人によってコック(縦)を使った方がいいか、ヒンジ(横=スナップ)を使った方がいいか、使っている感覚が分かれる場合があります。それは、グリップの角度によるところが多いのですが、自然体での腕のねじれ具合によってグリップを決めていく中で、左手の甲が横を向く具合が多いタイプは、ハンドアップに構える傾向になるため、コック(縦)しながら腕をローリングさせていく動きが強くなります。逆に左手の甲が上を向く具合が多いタイプは、ハンドダウンに構える傾向になるため、ヒンジ(横=スナップ)しながら腕をピストンさせていく動きが強くなります。

極端な例を挙げましたが、手首の縦・横の動きの両方を考えてでは難しくなるという人は、クラブの動きたい方向、または動かしたい方向に合わせて動かしてみて、スムーズに動かすにはどちらがやりやすいのだろうかと考えてもらえればいいでしょう。基本的には、自身のグリップの持ち方によって手首を使う方向性が決まるといってもいいかもしれません。どちらの腕の手首を使うべきかといった問いもあることでしょうが、まずは制限付けずに積極的に使われることをお薦めします。それが出来るようになれば、グリップ圧も適正になり、結果ヘッドスピードもアップしていることでしょう。

実感できるようになったら、手首の動きを抑えたりすることでグリップ圧も変わり、クラブの入射角やボールの打ち出し、スピン量も変わることが理解できるようになってきます。つまり、手首を使わないようにするのではなく、使えるようにしておいて、必要な分使うと考えてもらうことがいいでしょう。

振り幅は、体幹の動きだけでなく、コック(縦)の量によっても決まります。使っていないといった人でもクラブを振り上げないことには、飛距離を伸ばすことは出来ません。手首を使わなければ使わない程、逆に身体の運動量は増え、負担も増えてしまうことに繋がるのです。必要以上に使う必要はありませんが、飛距離を伸ばしたかったり、アプローチでの多彩な技や微妙な距離感を作り出したかったら、手首を固め過ぎるよりは“使ってもいいものだ”といった柔軟な考えにはなってほしいものです。

黒田正夫

Page Topへ