押し手、引き手のどちらもヒジで主導する。

押し手、引き手のどちらもヒジで主導する。

ゴルフスイングの理論は様々ですが、クラブを振るにあたって、効率いいスイングを行うためにはどうすればいいのかを理論立てて説明してくれていることには変わりはありません。それらのスイング理論では下半身をどう使うかに焦点が向けられることが多いのですが、クラブの動きをコントロールする腕の動きをメインで語られることが多くはないことが実状です。今回は、その腕の動きを“押し手、引き手のどちらもヒジで主導する”というお話です。

ゴルフスイングにおいて、「スイングは左手主導でスイングを行い、右手は添えるだけ」といった定義が大勢を占めていますが、右手(押し手)を使わず、左手(引き手)だけでプレーしようとして、上手くクラブをコントロール出来ていない人を見かけます。逆に右手(押し手)だけに頼り過ぎても然りです。

右手(押し手)を使うとダウンスイングで余計な力が入り、アウトサイドインの軌道になりやすいということが定説になっているからでしょうが、どちらもヒジの使い方や使うタイミングに難があることでミスヒットになっているので、ヒジの動きの修正や見直すことで改善が見込められます。

しかし、その部分にメスを入れないで、他の動きでカバーしようとして、スイングが複雑化してしまう場合があります。この傾向に陥りやすい人は、スイングでは“手は使ってはいけない”、ボディターンをもって行うといったことで、身体の動きだけに着目して、腕の動きやクラブの動きに視点がない場合が多いので注意が必要です。

それでは両ヒジをどのように構え、どのように使えばいいのでしょう。まずは構え方ですが、両ヒジを地面に向けてヒジを支点に前腕部を回して手の平を合わせるようにして胸の上に乗せる場合と左手もしくは右手で自然に持った状態に合わせてヒジの向きを合わせ脇腹に沿うように胸を挟むといった場合があります。どちらもやりやすい方法でOKですが、腕を動かした場合にヒジが窮屈過ぎず、自由過ぎない感覚があればいいでしょう。

次に使い方ですが、バックスイング、ダウンスイング共にどちらのヒジが主導でも構いません。押し手引き手を左右の片側だけの動きでも行ってもいいですし、上げ下げで左右を入れ替えてもOKです。利き手は必ずあるので、両手でクラブを持っていてもバランスはどちらかに偏っていることになります。

スイング中、そのバランスを保つためにも、どちらかの手に主導権を持たせ、強い方に合わせるか、弱い方に合わせるかは出てきます。ドリルとしては水平素振りや片手打ちがいいでしょう。水平にクラブを振りながら、そのバランスを保つためには、両ヒジの動きは大切になります。

片手打ちはクラブの重みを感じると動かしやすくなりますが、そのバランスを整えることで軌道やフェース面が安定してきます。その時、左ヒジは、ヒジを支点に肩や前腕部が回り、右ヒジはヒジを支点に曲げ伸ばしすることでヒジから手首にかけての前腕部が回ることになります。

例えば、片手打ちで左手(引き手)だけが主導するスイングの場合、左ヒジが浮いて脇がルーズになった動きになってくると、ダウンスイングでクラブが寝てしまう傾向になってしまうので、一見インサイドアウトに振っているように勘違いしやすいのですが、「左手主導でスイングを行い、右手は添えるだけ」でのスイングで、プッシュ系や強めのフック系の弾道が頻発してしまっているようでしたら、このように振っていることがよく理解できると思いますので、その時は、スイング中のヒジの向きとクラブシャフトの傾きのチェックが必要です。

特にダウンスイングからの動きはクラブを入れ替えるために必要な動きになるのでしっかり主導権を確認しつつ、滑らかに動くように習得しましょう。

黒田正夫

Page Topへ